リュウソウジャー 第26話

 

 

騎士竜戦隊リュウソウジャー

 

 

第26話 「七人目の騎士」 

 

ーざっとあらすじー

 

カナロは公園で泣いている女性を見つけ声を掛けようとするが、先に女性に声を掛ける1人の男・・・。

冗談を言い女性を笑顔にした後、すぐさまカナロに近づき「リュウソウジャーを探していた」と言う。

 

2人はコウメルトアスナの元へ行く。

"ナダ"と名乗る男もリュウソウ族でリュウソウジャーには成れなかったがマスターレッドの弟子だった。

ドルイドンを倒す為「力にならせて欲しい」と言う。

 

街ではマイナソーが出現し、リュウソウグリーンとリュウソウブラックが戦う。

しかしドドメキマイナソーの無数についている目で攻撃が読まれてしまい、さらにドドメキマイナソーの能力で人々がケンカを始める。

そこでブラックはマブシソウルで目をくらませるが背中にも目があり効果がなかった。

 

他の4人も駆けつけ戦っているとナダも剣を持って立ち向かう。

だか変身もしていない人間が敵うはずもない・・・。

 

ドドメキマイナソーの光線を浴びそうになった時、リュウソウレッドが盾となり光線を浴びてしまった。

一瞬脱力したレッドは立ち上がるとメラメラソウルを装着しドルン兵を手当たり次第に攻撃、近くにいたグリーンに対しても「邪魔だ」と暴力的になる。

 

そしてドドメキマイナソーと戦っていたリュウソウゴールドを巻き添えにして攻撃してしまう。

それでも暴れるレッドを止めようとするが収拾がきかず、ドルイドンも一旦引き上げた。

 

家に戻り冷静になったコウトワは責め、コウは「頭を冷やす」と出て行った。

アスナコウを追いかけ残ったメルトトワ、バンバ、ナダ・・・。

 

するとバンバが「なぜお前がここにいる?」とナダの事を知っていた。

かつて同じ村で共に修行をしていたがリュウソウジャーに成れず姿を消したと言う。

 

そしてどうやらコウは"優しさ"を奪われてしまったようだ。

だが「仲間を傷付けるなんて…」と皆が疑問に思う。

 

しかし幼なじみのメルトは「元々コウにはそういう所があった」と言う。

 

誰よりも強くなりたいと周りが見えなくなり、練習でも止めに入らないと攻撃し続ける・・・。

そんなコウを変えたのはアスナ

ある日村に連れてこられたアスナを守る為にコウは変わったのだとメルトは言う。

 

一方コウは「ドルイドンを倒す事しか頭になくカナロの事が見えていなかった」と落ち込み、アスナは持ち前の明るさで励ますが「リュウソウジャー失格だ」とアスナを寄せ付けず1人でどこかに行ってしまう。

 

カナロはドドメキマイナソーを生み出した人物を探す。

「ホシー」と鳴いていたマイナソー・・・優しさが欲しかったのか、やはり公園で泣いていた女性だった。

 

そんな中ドドメキマイナソーが現れたがコウは戦いに行こうとしない。

 

ナダはかつてマスターレッドに「リュウソウジャーになるには強さ以上に誰かを思う優しさが大切」と言われたとコウに話す。

 

コウは「その優しさを奪われた」と言うが「元々持っていた優しさじゃない。自分で手に入れたものだろ」「何回でも手に入れる事が出来る。それがお前の強さだ!」とナダはマスターレッドがコウを選んだ理由を教え奮い立たせる。

 

ドドメキマイナソーとワイズルーの攻撃に苦戦する5人の元へ駆け付けたコウ

かつてマスターレッドに「優しさは大切な人が出来た時に、思った時に手に入るものだ」と言われた事を思い出し変身する!

 

そしてカガヤキソウルで5人を回復させ再び6人はドルイドンに立ち向かう。

 

マブシソウルとミガケソウルでドドメキマイナソーの前後の目をくらませ、6人は必殺剣ディーノスラッシュを放つ!

しかし6人は吹き飛ばされてしまった・・・見るとそこにはガイソーグの姿が!

そして圧倒的な強さで6人を攻撃し「お楽しみはこれからだ」と言い残し消えた・・・。

 

コウに優しさが戻ったと喜ぶ5人は"アスナのおかげ"と思うが、コウは「違う」と言う。

 

「昔修行に着いていけないとよく泣いていたアスナを励まし大切な仲間として接するメルトの姿を見て"仲間"と言う言葉を知った。メルトが教えてくれたんだ」と。

 

大切な仲間が出来た今「もう迷わない」といつもの前向きなコウだった。

 

そしてういの家で和やかに過ごしていると帰宅したういの父親が地図を広げる。

するとナダが同じ地図を持っていると驚き地図を見比べる・・・しかしういの父親の地図には1ヵ所描かれていないポイントが。

 

そこにはまだ見つかっていない騎士竜がいるかもしれないとコウたちは期待するのだった。

 

 

 

ー感想ー

 

すっごくいい話だった!!

コウにあんな凶暴性があったとは・・・でも優しさを手に入れた。

誰でも変わることができるって訳だね。ウンウン

 

しかもアスナに接するメルトを見て"仲間"を知ったとか感動・・・。

何回も見返して、何回も泣きそうになった。(泣いてはないw)

 

本当にいい話だった。

子供時代のコウ役もそっくりだったし、アスナ役も可愛かったし、メルト役も青髪だったしw

 

 

ただタイトルの「七人目の騎士」って誰の事?って感じだった。

 

「ナダの事?ガイソーグの事?え、ナダがガイソーグなの?」w

 

まぁそこは私の理解力の無さ(?)

でもちょっとタイトルで期待しちゃってたなー。

 

 

まぁいいわ。内容は最高だったから!

 

ではまた☆

JUGEMテーマ:特撮

 

 


スポンサーサイト

  • 2019.11.16 Saturday
  • -
  • 06:32
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

profile

links

BlogPeople

blogpeopleランキング

ReviewMe!

PR

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM