スタプリ 第34話

 

 

スター☆トゥインクルプリキュア

 

第34話 「つながるキモチ☆えれなとサボテン星人!」

 

ーざっとあらすじー

 

星空連合は地球の事をもっと知りたいと捜査員のサボローを派遣させると言う。

そこでひかるたちはおもてなしをする事になった。

 

到着時間をとっくに過ぎて待ちくたびれていると、変わった形のロケットが墜落した。

急いで駆けつけるとサボテン姿の宇宙人が降りてきた。

 

しかし言葉を発しない為、うまくコミュニケーションがとれない。

サボローはジェスチャーで何かを伝えようとする・・・。

えれなは「"水"が欲しいのでは?」と川に連れて行くと勘が当たりサボローは喜んだ。

 

そして街を案内する。

楽しんでいる様子のサボローをユニは「本当に星空連合の捜査員なのか?」と疑問に思う。

 

えれなは花が大好きなサボローを自分のお店に連れて行く。

そして1輪の花をプレゼントしようとするとサボローは目の色を変え怒りロケットから出てこなくなってしまった。

 

えれなは怒らせてしまったと落ち込み、通訳をしている母親に相談する・・・。

 

しかし次の日ララの調べでサボローは本物の捜査員ではない事が分かる。

たまたま地球にやってきた異星人に皆はがっかりするがえれなは「まだ何も解決していない」とサボローに謝りに行く。

 

しかしテンジョウの仕業でサボローはノットリガーになってしまう。

サボローを救う為プリキュアは戦うが攻撃を跳ね返されてしまう。

 

キュアソレイユの言葉はサボローに届かず、テンジョウは「分かり合うなんて無理」だと言う。

 

最後まで諦めないキュアソレイユは胸の前にハートマークを作るとノットリガーの攻撃が止まった・・・サボローの心に伝わったのだ!

 

無事にサボローを救う事ができ、えれなは地球では大切な人に花を贈る事を伝え、またサボローの気持ちを考えなかったと謝る。

 

するとサボローの体にたくさんの花が咲き1輪の花を抜くとえれなにプレゼントする。

2人は笑顔になり、サボローは地球を離れた。

 

 

 

ではまた☆

JUGEMテーマ:プリキュアFAN!

 

 


スポンサーサイト

  • 2019.11.16 Saturday
  • -
  • 22:45
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

profile

links

BlogPeople

blogpeopleランキング

ReviewMe!

PR

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM