リュウソウジャー 第28話

 

 

騎士竜戦隊リュウソウジャー

 

第28話 「ミクロの攻防」

 

ーざっとあらすじー

 

ナダとの特訓で「攻撃に乱れがある」と指摘されたコウは少し落ち込む。

その帰り道コウアスナの前にクレオンが現れた。しかし大きなクラッカーを鳴らし立ち去った。

何がしたかったのか?疑問に思いながらみんなと夕食を囲んでいると、突然アスナが苦しみ倒れてしまう。

 

ミエソウルで見てみると、小さなマイナソーがアスナの肺に寄生していた。

クレオンの鳴らしたクラッカーで体内に入ったようだ。

そこでレッドブルーはチイサソウルでアスナの体内に入りベルゼブブマイナソーと戦う。

 

しかしマイナソーに攻撃するたびにアスナは苦しむ。

一旦攻撃を止め詳しく調べると、ベルゼブブマイナソーのトゲの生えた尻尾がアスナの心臓を包み込んでいた。

 

対策を練っているとナダから「特訓してやる」と連絡が入る。

ドッシンソウルでアスナの心臓を包み込んでいる尻尾だけを破壊させると言う。

アスナがこうなったのは自分に責任があるとしてコウが挑戦するが何回やってもうまくいかず「アスナの命に次はない。レッド失格だ」とナダに言われる。

 

一方カナロに助けを求めてきた女性。

この女性の旦那は細かい事を口うるさく言うので旦那が嫌がるあだ名「ミジンコ男爵」とつい言ってしまい喧嘩になったと言う。

そして家を出て行った旦那がドルイドンの餌食になり、ベルゼブブマイナソーを生み出した。

マイナソーを巨大化させる為クレオン達はその男が嫌がる「ミジンコ男爵」を連呼し苦しめる。

 

アスナの体内にいるベルゼブブマイナソーが巨大化したら・・・。

急いでグリーンとブラックはドルイドンの元へ行く。しかしガチレウスが立ちはだかり苦戦する。

 

このままだとアスナの命が危ない!

自信を無くし「出来ない」と言うコウだがアスナは全てを託し、コウも覚悟を決めドッシンソウルで一撃を浴びせる。

倒れたアスナに必死に声を掛けるコウ・・・すると次の瞬間アスナは元気に立ちあがった!!

 

そしてくしゃみをするとベルゼブブマイナソーが飛び出し巨大化する・・・間一髪のところだった。

元気になったアスナは自身を苦しめたベルゼブブマイナソーをキシリュウオーパキガルーでこてんぱんにやっつける!

 

巨大化を阻止出来ず自分を責めるバンバは元気なアスナの姿に誰よりも安堵するのだった。

 

 

 

ー感想ー

 

「ミジンコ男爵」ネーミングが最高!気に入ったw

クレオンが連呼して苦しめてるシーンがじわじわとくるw

いつか使ってみたいけど、確かに言われたらへこむわな。真似して言わないように!!笑

 

 

そんなミジンコ男爵から生まれたベルゼブブマイナソーかなり手強かった。

アスナ最大のピンチ!!もし体内で巨大化したら・・・考えただけで恐ろしい!!

 

とにかくアスナが無事で良かった♪

 

 

ではまた☆

JUGEMテーマ:特撮

 

 


スポンサーサイト

  • 2019.12.08 Sunday
  • -
  • 16:26
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

profile

links

BlogPeople

blogpeopleランキング

ReviewMe!

PR

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM