ヒーリングっどプリキュア 第2話 運動神経ゼロでした。

 

 

ヒーリングっど♥プリキュア

 

第2話 「パートナー解消!?わたしじゃダメなの?」

 

ーざっとあらすじー

 

ラテを家で飼う事になったのどか。

ラビリンたちが持っているカバンの中には必要な物がなんでも入っていてラテのお世話もできるしラビリンたちの部屋もあると言う。

そしてラビリンたちからラテがヒーリングガーデンの王女様であることや、ビョーゲンズの事を聞き改めてプリキュアで戦う事を誓う。

そんなのどかとパートナーとなったラビリンは喜ぶ。

 

次の日、転入生として初の登校日。

ラビリン、ペギタン、ニャトランものどかのカバンに入りついていく事に。

教室に入ると街を散策していた時に会った平光ひなたと沢泉ちゆが偶然にもクラスメイトだった。

 

ちゆは陸上部に入っていてのどかは放課後に体験入部をする事に。

陰から見ていたラビリンはキュアグレースの活躍にのどかならできると期待するが、陸上もテニスも剣道も全くできなかった・・・。

 

ラビリンはそんなのどかにがっかりし、「新しいパートナーを探しに行く」と飛び出して行った。

後を追ったペギタンに「自分自身も見習いなのにのどかを危険な目に合わせる事はできない」と言う。

 

一方ビョーゲンズではダルイゼンがプリキュアの存在をキングビョーゲンに報告し動きだす。

学校にある大きな木をターゲットにしメガビョーゲンが出現。部活中の生徒たちは混乱する!

 

帰宅したのどかはラテの具合が悪くなり聴診器で心の声を聞きニャトランと共に学校に向かう。

しかしラビリンがいないとプリキュアに変身できない・・・。

のどかは剣道の装備とラケットを持ちメガビョーゲンに立ち向かう!

 

もちろん倒せる訳もなく、そこに駆けつけたラビリンに「なんで逃げないの?」と問われ「助けたいから」とのどか自身も病気でずっと休んでいたと過去を話す。

「親やお医者さんに助けられたように自分も誰かの役に立ちたい。」

「1人じゃできなくてもラビリンとならできる。ラビリンに選んでもらえてプリキュアになれた事が嬉しかった。」

「運動はできなくても苦しむ地球のお手当は頑張る!」

 

事情も気持ちも知らずにひどい事を言ったとラビリンは泣き、もう一度一緒に戦う事を願い出る。

のどかはキュアグレースに変身しメガビョーゲンを浄化する!

 

木のエレメントもラテも元気になりラビリンとも仲直りできたのどかだったが、帰る時ラビリンたちといる所をちゆに見られていたのだった・・・。

 

 

ー感想ー

 

なるほどね〜。運動神経がないのどかにがっかりして嫌になったんだと思っていたら、危険な目に合わせたくないって言う事だったんだ。

そんでペギタンが「好きなんだね」って・・・いい話。ウン

 

 

1話から思ってたけど、これって毎回ラテが苦しむんだよね。

なんか気の毒・・・w

 

 

プリキュアの事は秘密なのにラビリンたちの存在をちゆに見られちゃった!

警戒心がなさすぎるんだよね。

こうなったら仲間にするしか・・・次回も楽しみ♪

 

 

ーベストショットー(2020.2.17更新)

 

剣道の装備でメガビョーゲンに挑むのどか

 

剣道の装備とラケット・・・無理でしょw

無理だったよw

 

でも戦う意志は伝わる!!

 

 

ではまた☆

JUGEMテーマ:プリキュアFAN!

 

 


スポンサーサイト

  • 2020.10.26 Monday
  • -
  • 14:24
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

profile

links

PR

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM