ヒーリングっどプリキュア第8話 イップス沢泉

 

 

ヒーリングっど♥プリキュア

 

第8話 「とべないちゆ!?陸上大会 大ピンチ!」

 

ーざっとあらすじー

 

もうすぐ春の陸上大会!

ちゆはもちろんすこやか中の陸上部は練習に励んでいた。

のどかとひなたが練習を見ていると新聞部の益子がライバル中の陸上部の取材に行ってきたと言う。

 

ちゆはハイジャンプの県大会記録を更新しており優勝間違いなしと思っていたが、ライバルがそれを超えたと証拠の写真を見せてきた。

益子がその写真をちゆに見せようとするのをのどかとひなたは阻止しようとするが隠す事ができなかった。

 

しかしちゆは「わたしのライバルはわたしだから」と言い練習を再開する。

だがバーを落としてしまい飛べなくなってしまった。

 

ちゆの様子が気になったのどかとひなたは翌朝のランニングに付き合う事にした。

砂浜を走り休憩していると「子供の時は泳ぐ事が好きだった。海と空が溶け合った景色に空を泳いでみたいと思った」のがハイジャンプを始めたきっかけだったと言う・・・。

 

その後も練習に励むが飛べないちゆ。

いつも近くで練習を見ているペギタンは心配になって調べてみると”イップス”と言うちゆに当てはまる症状を見つける。

 

「お手当しないと!」と慌ててのどかの家にやってきたペギタンだったが、のどかとひなたは買い物に行ったと聞き、「ちゆが悩んでる時に2人は遊んでる」と思ったペギタンは泣きながらひなたの家に行く。

 

するとのどかとひなたとニャトランはちゆの応援の旗を手作りしていた。

誤解していたペギタンはホッとし、「2人からも無理しないようにちゆに言って」とお願いする。

 

だがすでにのどかたちもちゆに「無理をしないで」と言っていた。

ちゆは「無理をしてでも自分の限界を超えたい」と言い、のどかたちは「ちゆが決めたことを応援する」と”空へ!限界突破!”と書いた旗を作り上げる。

 

大会当日。

ちゆの出番に旗を掲げ声援を送る。

しかしダルイゼンがメガビョーゲンを生み出し会場は大パニック!

 

この日の為にみんな頑張って練習してきたのに・・・。

3人は「プリキュアオペレーション!」

 

スキャンすると氷のエレメントさんが苦しんでいた。

メガビョーゲンは氷の壁を作り近付く事ができない・・・。

 

フォンテーヌの提案でメガビョーゲンの攻撃をグレースとスパークルに向ける。

メガビョーゲンに隙を作りフォンテーヌは高い氷の壁を飛び越えた!

 

そして「エレメントチャージ!」で「プリキュア!ヒーリングストリーーム!!」

メガビョーゲンを浄化する!

回復しないラテに氷のエレメントさんからエレメントボトルを貰った!

 

大会は台無しになってしまったがちゆは再び飛べるようになりみんなは喜ぶ!

 

 

 

ー感想&ベストショットー

 

応援旗を作るのどかたち

 

心配するペギタンが可愛くてね。励ますペギタンも可愛かった。応援するペギタンも可愛かった。

パートナーとの絆に感動!

友情にも感動!

ちなみにこの旗の字が間違ってるくだりも面白かった!

 

 

そしてやっぱり沢泉さんはストイックでかっこいい!

「わたしのライバルはわたし」

名言出ましたね♪

 

 

ではまた☆

JUGEMテーマ:プリキュアFAN!

 

 


スポンサーサイト

  • 2020.09.23 Wednesday
  • -
  • 17:45
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

profile

links

PR

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM