ヒーリングっどプリキュア第16話 50年前のケンカが気になる…

 

 

ヒーリングっどプリキュア

 

第16話 「友情の誓い!永遠の大樹の下で」

 

ーざっとあらすじー

 

"永遠の大樹"と言われている木がある。

その木の下で友情を誓うと永遠に友情が続くと言われている。

その噂を聞いてのどかはちゆとひなたと永遠の友情を誓うため、"永遠の大樹"を訪れる。

しかしその"永遠の大樹"は想像した物とは違い、葉はなく白くなった幹だけだった。

 

そこに1人のおじいさんが現れこの"永遠の大樹"は寿命で嵐の日にダメージを受け、近いうちに伐採される事が決まっていると言う。

そして人生の先輩として「永遠なんて信じるな」とのどかたちに言い残しその場を去った。

 

ニャトランたちは「怖いおじいさん」と言うがのどかには大樹を見つめる目が悲しそうに見えた。

 

ラビリンは大樹に宿る木のエレメントさんなら何か知っているかもしれないと聴診器を当ててみる。

 

すると、約50年前テツヤ、ヒデオ、フミの3人がこの木の下で友情を誓った。

しかしその後3人が揃うことはなく老人になったテツヤは毎日この木に現れると言う。

続けて木のエレメントさんは「この木が伐採される前に3人を仲直りさせて欲しい」とのどかたちにお願いする。

 

手掛かりとして聞いた3人が昔よく行っていた喫茶店に行ってみるとおじいさんとおばあさんが入ってきた。

 

ヒデオとフミだった。2人の指には結婚指輪が・・・。

"永遠の大樹"でテツヤと会って欲しいとお願いしてみるが2人は困った顔をして断られてしまう。

 

テツヤに2人がよく喫茶店に来る事を伝え会って欲しいとお願いしてみるがまたこの街を去るからいいとテツヤは立ち去る。

 

のどかが必死なのは3人が心配なだけでなく、自分たちの友情もいつか無くなってしまうのではないかと怖かった。

のどか、ちゆ、ひなたは"永遠の大樹"の下で友情を誓う。

 

のどかたちは3人を再会させるため「永遠の大樹ありがとうフェス」を企画する。

 

フェス当日、3人の姿を探す。

するとバテテモーダが現れ大樹をメガビョーゲンにしフェスを混乱させる。

その中にテツヤ、ヒデオ、フミの姿があり3人は再会できた。

 

次はプリキュアの友情を見せる!とグレースたちは力を合わせメガビョーゲンを浄化する。

 

しかし木のエレメントさんの反応がない・・・むしばまれ寿命が尽きたのか・・・。

 

テツヤ、ヒデオ、フミも大樹の元へ。

すると枯れた大樹の中に新しい芽が出ているのを見つけ、6人に笑顔が戻るのだった。

 

 

ではまた☆

JUGEMテーマ:プリキュアFAN!

 

 


スポンサーサイト

  • 2020.10.26 Monday
  • -
  • 09:35
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

profile

links

PR

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM