スタプリ 第45話

 

 

スター☆トゥインクルプリキュア

 

第45話 「輝くキラキラ星☆ひかるのイマジネーション!」

 

ーざっとあらすじー

 

トゥインクルイマジネーションも残るはあと1つ。ひかるのだけだ。

しかしひかるは悩んでいた。

久しぶりにフワを連れ1人でりょうじぃの所へ行く。

 

お手伝いをした後、ひかるは「ララやみんなの事が気になる」「自分だけ取り残されていると焦りを感じる」と今まで”人は人、自分は自分”と思ってきたひかるは初めての感情に「私おかしい」とりょうじぃに相談する。

りょうじぃは「友達ができるとはそう言う事。おかしい事じゃない」と言ってひかるを励ます。

 

ひかるはララたちの所に戻ろうと雨の中歩いていると、カッパードが現れた。

ダークネストから最後のチャンスを与えられたカッパードは強く、キュアスターの変身も解かれひかるは立ち上がる事もできない。

 

駆けつけたキュアミルキーたちが応戦する中、ひかるは「トゥインクルイマジネーションを見つける事ができなっかた私のせいだ」と自分を責める。

 

カッパードはひかるを「異星人同士が理解できるはずがない。甘い」と罵るが、ミルキーは実際にクラスメイトとわかり合う事ができ、それはひかるが教えてくれた。

ミルキーが「ひかるはひかるだ!」と言うと、ひかるはりょうじぃの「周りが変わってもデネブは変わらず輝く」と言った言葉を思い出す。

 

そしてひかるは「宇宙の事、みんなの事、カッパードの事ももっと知りたい」「それぞれ輝いている。私は私、輝いていたい!」

その真っ直ぐな想いにトゥインクルイマジネーションが生まれ、スターのパワーもスピードもカッパードを上回りものともしない。

 

5人で力を合わせカッパードは倒れた。

ひかるはカッパードに手を差し伸べる・・・呆然とした表情のカッパードはワープし消えた。

 

 

ー感想ー

 

なんか「自分だけ取り残されてる」って思うひかるの気持ちわかるな〜。

そんな事友達にも相談できなし、そんなに風に思ってる自分がダサいとか思っちゃって・・・。

 

まぁ私の話はいいw

 

 

カッパードの最後の表情よかった。手も出そうとしてた・・・あとちょっとだったのに!

カッパードもテンジョウもアイワーンも少しずつ心が動いてきた感あるよね?ガルオウガは・・・?

 

最終回までにその辺の進展あるよね?

トゥインクルイマジネーションも全部見つけたし!楽しみだなぁ♪笑

 

 

ではまた☆

JUGEMテーマ:プリキュアFAN!

 

 


スタプリ 第44話 え、サンタって…

 

 

スター☆トゥインクルプリキュア

 

第44話 「サプラ〜イズ☆サンタさんは宇宙人!?」

 

ーざっとあらすじー

 

今日はクリスマス。

ララとユニにとって初めてのクリスマスをみんなでケーキを囲み楽しんでいた。

するとアブラハム監督から観星中にロケットが墜落したと連絡が入り、ひかるたちはすぐに駆けつける。

 

墜落したロケットから出てきたのはサンター星人・・・人々の驚く顔が好きで「サプラ〜イズ!」と言ってプレゼントを配りまくる異星人だとユニは言う。

サンタさんの正体が宇宙人だった事に驚くえれなたち。

 

すると突然配達ロボが壊れた・・・。

修理するのに9時間以上かかるとララのAIが言うと「今晩中にプレゼントを配れない!」と困るサンター星人。

そこでひかるたちがプレゼントを配るお手伝いをすると言い、フワのワープも使い子供たちの家にプレゼントを配る。

 

途中それぞれの将来について話しているとロケットが攻撃された!

ダークネストが現れ「器を渡せ」とフワを奪おうとする。

ダークネストの力にピンチのプリキュア。

 

追い詰められた時、ララのロケットが飛んできてピンチを脱しダークネストを倒した・・・と思ったが鎧の下はノットレーだった。

ダークネストは鎧の力を試し満足気に何かを企んでいた・・・。

 

ともかくプレゼントは夜のうちに全て配り終えサンター星人のサプラ〜イズは大成功するのだった。

 

 

ではまた☆

JUGEMテーマ:プリキュアFAN!

 

 


スタプリ 第43話 テンジョウのコンプレックス

 

 

スター☆トゥインクルプリキュア

 

第43話 「笑顔への想い☆テンジョウvsえれな!」

 

ーざっとあらすじー

 

ノットレイダーのいる星がわかるかもしれないと星空連合のトッパーから連絡があり、ひかるたちは一緒にグーテン星に調査に行く。

するとテンジョウに似ている人達がたくさん・・・テンジョウの生まれた星だ。

グーテン星人はプライドが高く、見下すように高笑いをする・・・。

 

みんなとはぐれてしまったえれなの前に1人で現れたテンジョウ。

駆けつけたひかるたちとテンジョウを追い詰めるとテンジョウの仮面が外れた・・・。

この星では鼻が長い者が良いとされ、テンジョウのように鼻の短い者は見向きもされない。

 

テンジョウはかつて周りの大人に「気にするな」と言われてきたが、本当は仮面の下で嘲笑っているんだと言う。

知られたくなかった過去を打ち明け、この星ごと消そうとテンジョウ自身がノットリガーとなり暴れる。

 

「笑顔なんて仮面」と言うテンジョウにえれなも迷っていた。

そして「笑顔を作っていた」と認める。

えれなもかつてみんなと違う事を気にしていた時があり、テンジョウの気持ちがわかると語りかける。

 

でも家族の本当の笑顔に救われ、「誰かの為に自分を犠牲にしている訳じゃない。」

「これはテンジョウのおかげで気付く事ができた。そしてテンジョウの事も笑顔にしたい。みんなを笑顔にしたい!」

 

その迷いのない想いにトゥインクルイマジネーションが生まれ、テンジョウは倒れた・・・。

手を差し伸べるえれなにテンジョウは「私を笑顔にできる?」と言い残し消えた。

 

家に帰ったえれなは母と2人で夕飯作り。

えれなは「自分の気持ちを伝える事、笑顔にする事は難しい」と泣く。

すると母は「人を笑顔にするのはすごい事。でも人の為に泣けるのはもっとすごい。それだけ相手を思っていると言う事だよ」と抱きしめ、えれなは母の胸で思いっきり泣く。

 

そして母と帰ってきた父に「人と人を繋ぐ通訳になりたい」と自分の気持ちを伝え、えれなに本当の笑顔が戻ったのだった。

 

 

ー感想ー

 

めっちゃいい話。泣ける。

テンジョウの過去も知る事ができた。だから、あんなに「笑顔」って言葉に反応してたんだね。

ともかくテンジョウに本当の笑顔が戻って欲しい!

 

 

なにが泣けるってえれなの母良い事言ったよね?

「人を笑顔にするのはすごい事。でも人の為に泣けるのはもっとすごい。」

 

名言でたー!!

 

 

ではまた!

JUGEMテーマ:プリキュアFAN!

 

 


スタプリ 第42話 えれな大ショック

 

 

スター☆トゥインクルプリキュア

 

第42話 「笑顔の迷い、えれなの迷い。」

 

ーざっとあらすじー

 

まどかは進路の迷いが消え笑顔でいる事が増えた。

これもえれなのおかげだとお礼を言い、えれなの進路を聞く。すると地元の高校に行くと進路を決めていた。

すでに自分で進路を決めているえれなに感心するまどかだったが、三者面談が終わった後のえれなに元気が無い事に気が付いた。

 

えれなは自分がどうしたいかわからないと言う。

プリキュアになっていろいろな経験をし、それを無駄にしたくないと本当はまだ進路を迷っていた。

まどかは「迷う事は回り道ではない」とえれなを励ます。

 

その帰り道、えれなはテンジョウにノットリガーにされた母に遭遇する。

すると母の心の声が聞こえてきた・・・「えれなは家族の為に笑顔で頑張っている。でもあれは本当の笑顔じゃない」と。

そしてテンジョウに「あんたの笑顔笑顔って所が母親を苦しめている」と言われショックを受ける。

 

駆けつけたひかるたちの声に何とか変身して戦うが、ソレイユは倒れてしまう。

セレーネたちの言葉で立ち上がりノットリガーを倒し、母を救う事ができたがえれなのショックは消えていなかった・・・。

 

 

ー感想ー

 

いつも笑顔、元気、真っ直ぐなえれな・・・めっちゃ進路も迷ってるじゃん。

 

母の心の声にショックを受け、テンジョウの「母親を苦しめてる」って言葉にもう呆然としちゃったね。

みんなの励ましもあってなんとか戦う事はできたけど、最後振り返らず精一杯の「チャオ」を言って帰ったシーンが印象的だった。

 

 

ではまた!

JUGEMテーマ:プリキュアFAN!

 

 


スタプリ 第41話 言ったれ!まどか!

 

 

スター☆トゥインクルプリキュア

 

第41話 「月よ輝け☆まどかの一歩!」

 

ーざっとあらすじー

 

まどかは生徒会の引継ぎを行い、これからはロンドン留学に向けて準備をしなければいけないと父に言われたが、それは自然とひかるたちとも距離ができると言う事・・・まどかは進路を迷っていた。

 

今まで父に言われた通りの道を進んできた。

”観星中の月”と言われるのも自分の意思では輝けないからと・・・えれなに悩みを打ち明ける。

するとえれなは”誰といる時の笑顔が一番か”で進路を決めたらとアドバイスする。

 

みんなでスタードーナツを食べていると、ガルオウガが現れフワを狙う。

プリキュアがトゥインクルイマジネーションを2つ見つけた事に焦りを感じているノットレイダーはダークネストの力をガルオウガに与え、凄まじいパワーでプリキュアを追い詰める。

 

ガルオウガとセレーネの一騎打ちでセレーネは倒れてしまう。

自分を捨て力を手にしたガルオウガ、みんなと笑顔でいたいと思うセレーネ。

もう自分にウソをつかないと決意したセレーネからトゥインクルイマジネーションが生まれ、圧倒的なガルオウガのパワーに打ち勝ちガルオウガは退散した。

 

まどかは父にひかる達と交流を続け、留学についても自分で決めると宣言するのだった。

 

 

ー感想ー

 

まどかさんあの毒父によく言った!!ちょっとスッキリした♪

 

ガルオウガ強かったね。

なんか絵のタッチが変わってた?セレーネの顔つきが違って・・・雑と言うか・・・いや、臨場感が出てた!ウン

 

たまに雑な時はあるけど。「目どうした?」って時があるw

 

ではまた☆

JUGEMテーマ:プリキュアFAN!

 

 


スタプリ 第40話 ララは友達、仲間です!

 

 

スター☆トゥインクルプリキュア

 

第40話 「バレちゃった!?2年3組の宇宙人☆」

 

ーざっとあらすじー

 

まどかの父は森での騒ぎを調査し、住人からの情報提供でララとプルンスとフワが写っている写真を入手していた。

政府は映画の撮影だと思っているが、まどかの父だけはララを疑っていた。

 

一方ララとひかるはいつものように教室に入り挨拶をするが、みんなから無視されなんだかクラスの様子がおかしい。

掃除の時間、ララは辛くなり1人でゴミを捨てに行く。

 

ひかるがみんなに事情を聞くと、まどかの父からララについて聞かれたり、ララが来てから不思議な事が起きたり、ララは宇宙人なんじゃないかと疑っていた。

教室の近くまで戻ってきていたララはその話をこっそり聞いてしまい放課後図書室で泣いていた。

 

ひかるはララを慰め、教室ではクラスメイトが悩んでいた。

すると窓の外にノットレイダーが!宇宙人の存在に逃げ出すクラスメイト達。

 

カッパードによってサマーン星人である事がバレたララだが、クラスメイトを助けるため変身しようとする。

2年3組のみんなが見ている中、ひかるもララは友達だからと変身する事を決意し、まどか、えれな、ユニも揃い全員で変身しプリキュアとなる。

 

カッパ―ドは2年3組の歪んだイマジネーションを狙っていたが、ララの想いにクラスメイトの迷いは消えていた。

そこでカッパードは駆け付けたまどかの父を武器に変え攻撃する。

 

クラスメイトはララを応援し、ララのクラスメイトを守りたいと言う想いにトゥインクルイマジネーションが生まれノットレイダーを退散させた。

 

目を覚ましたまどかの父にクラスメイト達は「ララは異星人じゃない」「友達だ」と、まどかも「友人です」と強い口調で言う。

 

帰る時、ララは謝るクラスメイト達に笑顔で「また明日」と触角を出しサマーン流のあいさつをするのだった。

 

 

ー感想ー

 

いい話だった。けど前半辛かったね。あの微妙なクラスの雰囲気最悪だぁ。

ひかるがララを慰める所泣けた。ひかるが友達で良かった。

 

プリキュアである事も、宇宙人である事も本当にばれちゃったのは結構びっくりした。誤魔化すかと思ったから。

・・・でも後日、誰か1人ぐらいは密告するよね?・・・そんな事するの私ぐらいか?・・・いや、しないよ。トモダチ ダイジ

 

 

ではまた!

JUGEMテーマ:プリキュアFAN!

 

 


スタプリ 第39話 テンジョウのおかげ

 

 

スター☆トゥインクルプリキュア

 

第39話 「えれな大ピンチ!テンジョウ先生のワナ!」

 

ーざっとあらすじー

 

今度、学校対抗の英語スピーチコンテストがあり観星中代表にえれなが選ばれた。

 

一方ノットレイダーではプリキュアがトゥインクルイマジネーションを見つけた事で一刻も早くフワを手に入れようと焦っていた。

そしてテンジョウは変身前のプリキュアに近付こうと、変身珠を使いジョー・テングと英語の先生を名乗り観星中に入り込んだ。

 

一風変わったジョー・テング先生だがすぐに生徒の人気者になりえれなも信用を寄せる。

えれなはスピーチコンテストで笑顔について話すと言うが、失敗させようとジョー・テング先生は過去の辛かった事を話せと言う・・・。

 

スピーチコンテスト当日、えれなはジョー・テング先生に言われたように過去の辛かった思い出から笑顔の大切さを話す。

そして会場のみんなを感動させた。

 

するとジョー・テング先生は怒り会場は騒然とする。

ジョー・テング先生は走って会場から出て行き、後を追うえれなとひかるたち。

 

変身珠の効力が切れジョー・テング先生の正体がテンジョウだったと知る。

テンジョウはえれなの笑顔が気に食わないと、校長先生をノットリガーにし攻撃してくる。

しかしえれなはテンジョウのアドバイスでスピーチできたと感謝を伝える。

 

そしてプリキュアの攻撃でテンジョウは退散し、校長先生も無事だった。

 

英語スピーチコンテストは見事えれなが優勝したのだった。

 

 

JUGEMテーマ:プリキュアFAN!

 

 


スタプリ 第38話 ユニの気付き、アイワーンの悲しみ

 

 

スター☆トゥインクルプリキュア

 

第38話 「輝け!ユニのトゥインクルイマジネーション☆」

 

ーざっとあらすじー

 

トゥインクルイマジネーションについて何の手がかりもない中、ユニは「宇宙一の占い師に頼むしかない」と言い全員で会いに行く事にした。

ユニはレインボー星を石にされた時に占ってもらった目の見えないハッケニャーンと言う占い師をとても信用している。

 

占いの星に着きハッケニャーンに星読みと言う占いをお願いする。

しかし以前ユニに「運命の星を見つけろ」と言っていたが「すでに運命の星を見つけている」とハッケニャーンは占う必要がないと言う。

 

その時、アイワーンがスターカラーペンの反応を追ってユニの前に現れた!

パワーアップしたアイワーンの攻撃にプリキュアは倒れてしまう。

コスモが追い詰められた時、盾となったハッケニャーン。

 

アイワーンは信頼していたバケニャーンにそっくりのハッケニャーンを前に動揺する。

だが攻撃の手を緩めずビームを放つ。

 

しかしその時、コスモから強い光が!

ハッケニャーンの言葉にコスモは「私もアイワーンと同じだ」とアイワーンを傷付けていた事に気付き謝る。

そしてアイワーンを許し、「みんなで未来に行きたい」とその想いからトゥインクルイマジネーションが生まれたのだ。

 

倒れたアイワーンに手を差し伸べるユニ。一緒に地球に行こうと誘うひかる。

アイワーンは「余計なお世話だ」と言って姿を消した。

 

 

ー感想ー

 

めっちゃいい話だった。

ユニとアイワーンの確執は一番気になってたけど、ユニが謝ったね。

しかも許すとは・・・憎しみ合うのではなく、レインボー星を元に戻す方法を前向きに考えるしかないもんね。

 

アイワーンもバケニャーンの事をすごく信頼してたんだ。

そして裏切られた・・・と思ってる。全て失った。あ〜泣けるわ。

 

 

プリキュアって敵が味方になるパターン多いじゃん?

個人的にそういうのすっごく好きなんだけど、スタプリはなんだかもどかしいね〜。

でもそれがリアルガチなのかも。

 

最後には分かり合って欲しい。

レインボー星はアイワーンが治す薬を開発するしかないと思う。

そして2人は真の友となる!(私の勝手な理想w)

 

ではまた☆

JUGEMテーマ:プリキュアFAN!

 

 


スタプリ 第37話 カッパ仮装!?

 

 

スター☆トゥインクルプリキュア

 

第37話 「UMAで優勝!ハロウィン仮装コンテスト☆」

 

ーざっとあらすじー

 

商店街でハロウィンの仮装コンテストがある。

初めてのララは2年3組全員で出る事になり、それぞれUMAの仮装をする。

優勝したら貰えるスタードーナツを目当てにプルンス、フワ、ユニも参加しお菓子を貰ったりして楽しんでいた。

 

そんな中、カッパードが商店街に現れた。

しかしカッパードの周りには写真を一緒に撮りたいと人だかりができ、「何事だ!?」と困惑する。

少し離れて休憩した後、ばったりひかる達と会う。

 

こんなに人がいる中で変身できないと思った時、ひかるのアイデアで商店街のヒーロー”ミホシ―スターズ”と名乗りノットレイダーを商店街から離し戦う。

カッパードはミルキーに「違う星の者が共に生きるのは無理だ」「いつか裏切られるぞ」と言い残し姿を消した。

 

仮装コンテストは家族賞にえれな一家。クールな3人組賞にえれな、まどか、ユニの猫仮装。アイデア賞に2年3組が選ばれた。

そして優勝は・・・カッパと愉快な仲間たち!カッパードの事だ!!

 

こうしてララは初めての仮装コンテストを楽しんだのだった。

 

 

JUGEMテーマ:プリキュアFAN!

 

 


リュウソウジャー 第36話 なかなか親身なトワ

 

 

騎士竜戦隊リュウソウジャー

 

 

第36話 「超速ボディガード」

 

ーざっとあらすじー

 

プリシャスに心臓を奪われたワイズルーは「ドキドキしない」と嘆きクレオンと心臓を奪い返すため動き出す。

 

特訓していたコウメルトアスナ、バンバは街に現れたマイナソーと戦う。

シルフマイナソーのスピードは速く、ハヤソウルを使っても動きに追い付けない。

 

マイナソーとクレオンはすぐに姿を消したが、なぜトワが駆け付けなかったのか皆が不満や疑問を抱く。

 

するとカナロから「トワがデートをしていた」と聞かされ、メルトは「リュウソウジャーとして自覚がない!」と怒る。

コウは「何か理由があると思う」とトワを探して会いに行く。

 

事情を聞くと、さきと言う女性に1日ボディガードをして欲しいと頼まれていた。

特に変わった様子は無いようだったが、グリーンリュウソウルもさきが持っている為、戦いに行くことが出来なかった。

だが、次にマイナソーが現れたら必ず駆け付けるとコウに約束し、もう少しだけさきと一緒にいる事にした。

 

みんなの所に戻ったコウはその事を伝えると、ういがさきの事を知っていた。

なんでも有名なレーサーだと言う。

しかし最近は成績が悪いらしい・・・。

 

一方プリシャスからワイズルーの心臓を取り返す為のマイナソーだったが失敗に終わっていた。

そして街に出たマイナソー。

スピードだけのシルフマイナソーだったが武器を持ちリュウソウジャーは苦戦する。

 

みんなと合流したいトワだが、さきの姿が見当たらない。

 

するとさきの前にクレオンが!

 

周囲の期待をプレッシャーに感じ逃げ出したいと言うマイナス感情がシルフマイナソーを生み出し、さきは苦しんでいた。

クレオンはさきが持っていたグリーンリュウソウルを奪い、さきを人質に捕る。

 

期待に応えられないと苦しむさきにトワは「誰かの期待になんか応えなくていい」

「俺は俺のやるべき事をやる」と変身出来なくても諦めない姿をさきに見せる。

 

そしてクレオンが持っているグリーンリュウソウルにオモソウルを使い地面に落下させる。

さきはクレオンに蹴られたりしながらも体を張ってトワの"大事な物"を守る。

 

トワの怒りは爆発し取り返したグリーンリュウソウルでドルン兵とクレオンを退散させるが、シルフマイナソーは巨大化してしまいさきの命が危ない・・・。

 

しかしリュウソウジャーが全員揃った今、シルフマイナソーは逃げる事など出来ない!

キングキシリュウオーで一気に倒す!

 

さきは逃げずに海外遠征を頑張ってくるとトワとお別れするのだった。

 

 

JUGEMテーマ:特撮

 

 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

profile

links

PR

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM