スタプリ 第39話 テンジョウのおかげ

 

 

スター☆トゥインクルプリキュア

 

第39話 「えれな大ピンチ!テンジョウ先生のワナ!」

 

ーざっとあらすじー

 

今度、学校対抗の英語スピーチコンテストがあり観星中代表にえれなが選ばれた。

 

一方ノットレイダーではプリキュアがトゥインクルイマジネーションを見つけた事で一刻も早くフワを手に入れようと焦っていた。

そしてテンジョウは変身前のプリキュアに近付こうと、変身珠を使いジョー・テングと英語の先生を名乗り観星中に入り込んだ。

 

一風変わったジョー・テング先生だがすぐに生徒の人気者になりえれなも信用を寄せる。

えれなはスピーチコンテストで笑顔について話すと言うが、失敗させようとジョー・テング先生は過去の辛かった事を話せと言う・・・。

 

スピーチコンテスト当日、えれなはジョー・テング先生に言われたように過去の辛かった思い出から笑顔の大切さを話す。

そして会場のみんなを感動させた。

 

するとジョー・テング先生は怒り会場は騒然とする。

ジョー・テング先生は走って会場から出て行き、後を追うえれなとひかるたち。

 

変身珠の効力が切れジョー・テング先生の正体がテンジョウだったと知る。

テンジョウはえれなの笑顔が気に食わないと、校長先生をノットリガーにし攻撃してくる。

しかしえれなはテンジョウのアドバイスでスピーチできたと感謝を伝える。

 

そしてプリキュアの攻撃でテンジョウは退散し、校長先生も無事だった。

 

英語スピーチコンテストは見事えれなが優勝したのだった。

 

 

JUGEMテーマ:プリキュアFAN!

 

 


スタプリ 第38話 ユニの気付き、アイワーンの悲しみ

 

 

スター☆トゥインクルプリキュア

 

第38話 「輝け!ユニのトゥインクルイマジネーション☆」

 

ーざっとあらすじー

 

トゥインクルイマジネーションについて何の手がかりもない中、ユニは「宇宙一の占い師に頼むしかない」と言い全員で会いに行く事にした。

ユニはレインボー星を石にされた時に占ってもらった目の見えないハッケニャーンと言う占い師をとても信用している。

 

占いの星に着きハッケニャーンに星読みと言う占いをお願いする。

しかし以前ユニに「運命の星を見つけろ」と言っていたが「すでに運命の星を見つけている」とハッケニャーンは占う必要がないと言う。

 

その時、アイワーンがスターカラーペンの反応を追ってユニの前に現れた!

パワーアップしたアイワーンの攻撃にプリキュアは倒れてしまう。

コスモが追い詰められた時、盾となったハッケニャーン。

 

アイワーンは信頼していたバケニャーンにそっくりのハッケニャーンを前に動揺する。

だが攻撃の手を緩めずビームを放つ。

 

しかしその時、コスモから強い光が!

ハッケニャーンの言葉にコスモは「私もアイワーンと同じだ」とアイワーンを傷付けていた事に気付き謝る。

そしてアイワーンを許し、「みんなで未来に行きたい」とその想いからトゥインクルイマジネーションが生まれたのだ。

 

倒れたアイワーンに手を差し伸べるユニ。一緒に地球に行こうと誘うひかる。

アイワーンは「余計なお世話だ」と言って姿を消した。

 

 

ー感想ー

 

めっちゃいい話だった。

ユニとアイワーンの確執は一番気になってたけど、ユニが謝ったね。

しかも許すとは・・・憎しみ合うのではなく、レインボー星を元に戻す方法を前向きに考えるしかないもんね。

 

アイワーンもバケニャーンの事をすごく信頼してたんだ。

そして裏切られた・・・と思ってる。全て失った。あ〜泣けるわ。

 

 

プリキュアって敵が味方になるパターン多いじゃん?

個人的にそういうのすっごく好きなんだけど、スタプリはなんだかもどかしいね〜。

でもそれがリアルガチなのかも。

 

最後には分かり合って欲しい。

レインボー星はアイワーンが治す薬を開発するしかないと思う。

そして2人は真の友となる!(私の勝手な理想w)

 

ではまた☆

JUGEMテーマ:プリキュアFAN!

 

 


スタプリ 第37話 カッパ仮装!?

 

 

スター☆トゥインクルプリキュア

 

第37話 「UMAで優勝!ハロウィン仮装コンテスト☆」

 

ーざっとあらすじー

 

商店街でハロウィンの仮装コンテストがある。

初めてのララは2年3組全員で出る事になり、それぞれUMAの仮装をする。

優勝したら貰えるスタードーナツを目当てにプルンス、フワ、ユニも参加しお菓子を貰ったりして楽しんでいた。

 

そんな中、カッパードが商店街に現れた。

しかしカッパードの周りには写真を一緒に撮りたいと人だかりができ、「何事だ!?」と困惑する。

少し離れて休憩した後、ばったりひかる達と会う。

 

こんなに人がいる中で変身できないと思った時、ひかるのアイデアで商店街のヒーロー”ミホシ―スターズ”と名乗りノットレイダーを商店街から離し戦う。

カッパードはミルキーに「違う星の者が共に生きるのは無理だ」「いつか裏切られるぞ」と言い残し姿を消した。

 

仮装コンテストは家族賞にえれな一家。クールな3人組賞にえれな、まどか、ユニの猫仮装。アイデア賞に2年3組が選ばれた。

そして優勝は・・・カッパと愉快な仲間たち!カッパードの事だ!!

 

こうしてララは初めての仮装コンテストを楽しんだのだった。

 

 

JUGEMテーマ:プリキュアFAN!

 

 


スタプリ 第36話 マフィアと怪盗と警察と。

 

スター☆トゥインクルプリキュア

 

第36話 「ブルーキャット再び!虹色のココロ☆」

 

ーざっとあらすじー

 

ララのAIが宇宙マフィアのドン・オクトーが惑星レインボーの指輪を手に入れたと情報を得た。

ユニは怪盗ブルーキャットになり、惑星レインボーの宝を取り戻すと言う。

 

盗む事に反対のひかるたちと反発しながらもドン・オクトーのアジトに潜入する。

アジトではマフィアが集まるパーティが行われる。

紛れ込むには絶好のチャンスだとドン・オクトーに近付き指輪を取り返す。

うまく逃げきれたと思ったユニだったが、潜入捜査していた宇宙警察のアン警部補に匂いでバレてしまう。

 

しかし宇宙警察はマフィアと長年の敵対関係でアン警部補はマフィアに捕まってしまう。

その隙に逃げる事も出来たユニだったがアン警部補を助ける事にした。

 

しかし2人ともマフィアに捕まり身柄を拘束されてしまう。

そこにひかるたちが助けにきてくれ全員で脱出するが途中でドン・オクトーたちが行く手を阻む。

さらにテンジョウが現れドン・オクトーをノットリガーに変えてしまう。

プリキュアが戦う中、アン警部補も一度ブルーキャットに助けられたとして援護しノットレイダーを退散させることができた。

 

意識を取り戻したドン・オクトーにユニは本来の姿で直接「大切な指輪を返してほしい」とお願いする。

疑うドン・オクトーだったが感情で色が変わるその指輪をユニに着けさせると悲しみを表すブルーに光り、ドン・オクトーは「持って行け」とひと言言ってくれた。

 

帰ろうとするユニを連行しようとするアン警部補は逆に手錠を掛けられその隙にユニたちはロケットで逃げる。

すぐに後を追うアン警部補だったがロケットを追い抜きどこかに消えた・・・w

 

ユニは惑星レインボーの宝を取り返すまで怪盗は止めないと言うが、みんなを悲しませるような事はしないと約束するのだった。

 

 

 

ではまた☆

JUGEMテーマ:プリキュアFAN!

 

 


スタプリ 第35話

 

スター☆トゥインクルプリキュア

 

第35話 「ひかるが生徒会長!?キラやば選挙バトル☆」

 

ーざっとあらすじー

 

観星中の次期生徒会長を決めようとするも誰も立候補せず、困った現生徒会長のまどかはひかるに「生徒会長をやらないか?」と声を掛ける。

 

迷うひかるだったが皆に「向いてる」と言われ生徒会長に立候補する。

しかし推薦されるのを期待していた同じクラスの姫ノ城桜子も自ら立候補した為、選挙で次期生徒会長を決める事になった。

 

なりゆきで立候補したひかるだったがやるからにはがんばると意気込む。

だが具体的な案が出ず、現生徒会長のまどかの真似をして支持を得ようとしていた。

 

一方姫ノ城桜子は学校の問題点などを探しメモをとる作業をしていた。

すると陰から「目立ちたいだけ」と悪口が聞こえ落ち込む・・・。

 

ひかるとララは姫ノ城桜子が居残りしていると聞き学校へ向かうと落ちていた姫ノ城桜子のメモ帳を拾う。

 

探しているとカッパードが現れた!

その手には”黒い桜”の武器が・・・姫ノ城桜子の心につけ込み強い武器を生み出していた!

 

身動きが取れなくなったプリキュアだが、キュアスターの姫ノ城桜子ともっとわかり合いたいと言う思いから強いパワーが生まれカッパードの攻撃を打ち破る!

今までに感じた事のない強いパワーに誰もが驚愕する。

 

そして選挙の日、最後の演説でひかるは「全力で姫ノ城桜子を応援する」と言い全員を驚かせ次期生徒会長は姫ノ城桜子に決まるのだった。

 

 

ではまた☆

JUGEMテーマ:プリキュアFAN!

 

 


スタプリ 第34話

 

 

スター☆トゥインクルプリキュア

 

第34話 「つながるキモチ☆えれなとサボテン星人!」

 

ーざっとあらすじー

 

星空連合は地球の事をもっと知りたいと捜査員のサボローを派遣させると言う。

そこでひかるたちはおもてなしをする事になった。

 

到着時間をとっくに過ぎて待ちくたびれていると、変わった形のロケットが墜落した。

急いで駆けつけるとサボテン姿の宇宙人が降りてきた。

 

しかし言葉を発しない為、うまくコミュニケーションがとれない。

サボローはジェスチャーで何かを伝えようとする・・・。

えれなは「"水"が欲しいのでは?」と川に連れて行くと勘が当たりサボローは喜んだ。

 

そして街を案内する。

楽しんでいる様子のサボローをユニは「本当に星空連合の捜査員なのか?」と疑問に思う。

 

えれなは花が大好きなサボローを自分のお店に連れて行く。

そして1輪の花をプレゼントしようとするとサボローは目の色を変え怒りロケットから出てこなくなってしまった。

 

えれなは怒らせてしまったと落ち込み、通訳をしている母親に相談する・・・。

 

しかし次の日ララの調べでサボローは本物の捜査員ではない事が分かる。

たまたま地球にやってきた異星人に皆はがっかりするがえれなは「まだ何も解決していない」とサボローに謝りに行く。

 

しかしテンジョウの仕業でサボローはノットリガーになってしまう。

サボローを救う為プリキュアは戦うが攻撃を跳ね返されてしまう。

 

キュアソレイユの言葉はサボローに届かず、テンジョウは「分かり合うなんて無理」だと言う。

 

最後まで諦めないキュアソレイユは胸の前にハートマークを作るとノットリガーの攻撃が止まった・・・サボローの心に伝わったのだ!

 

無事にサボローを救う事ができ、えれなは地球では大切な人に花を贈る事を伝え、またサボローの気持ちを考えなかったと謝る。

 

するとサボローの体にたくさんの花が咲き1輪の花を抜くとえれなにプレゼントする。

2人は笑顔になり、サボローは地球を離れた。

 

 

 

ではまた☆

JUGEMテーマ:プリキュアFAN!

 

 


スタプリ 第33話

 

 

スター☆トゥインクルプリキュア

 

第33話 「フワの決意!お手伝い大作戦☆」

 

ーざっとあらすじー

 

 

"トゥインクルイマジネーション"を探す事になったひかるたち。

成長したフワは朝早くひかるを起こし「トゥインクルイマジネーションを探しに行こう」と誘う。

 

しかし学校がある・・・。

放課後になり再び探しに行こうと誘うがひかるとララは宿題。

まどかもえれなもユニも忙しい・・・。

 

早く探しに行きたいフワはみんなのお手伝いをするが、逆に迷惑をかけひかるに怒られてしまう。

 

1人で探しに行くと単独行動しひかるたちは追いかける。

ワープを多用し暴走するフワにひかるの愛犬イエティも一緒にワープしてしまう。

しかしワープは失敗して2人は池に落ちる・・・。

 

そこにフワを探していたカッパードが現れイエティは姿を変えられてしまう。

 

傷付いたフワは駆け付けたひかるたちに謝る。

ひかるたちもフワの気持ちを考えていなかったと謝り、イエティを救う為にカッパードに立ち向かう。

 

しかしキュアスターは追いつめられる・・・フワの「キュアスターを助けたい」と言う思いにワープが成功しカッパードに体当たりする。

 

キュアスターはピンチを脱し、フワとプリキュアはシャイニートゥインクルペンの力でイエティを救いカッパードを退散させた!

 

宿題がまだ終わってないと焦るひかるをフワは学校へとワープさせるが失敗しひかるを困らせる・・・。

フワの暴走っぷりはひかるによく似てると皆は笑うのだった。

 

 

ー感想ー

 

ひかるイラついてたねー!

そりゃ朝からあのフワの調子じゃイラつくわな。

 

 

それにしてもなんの手がかりも無いのに"トゥインクルイマジネーション"を探すのはやっぱり無理じゃない??

 

 

ではまた☆

JUGEMテーマ:プリキュアFAN!

 

 


スタプリ 第32話

 

 

スター☆トゥインクルプリキュア

 

第32話 「重なる想い☆新たなイマジネーションの力」

 

ーざっとあらすじー

 

12星座のプリンセスが戻りフワも成長したが、「フワの力は完全じゃない」とさらにフワを成長させる事をプリンセスたちに頼まれた。

それに星の輝きを取り戻さないと宇宙の平和はない・・・。

 

一方ノットレイダーもフワを手に入れる為再びガルオウガが動きだす。

 

成長したフワはご飯をたくさん食べ「遊ぼう!」と空高く飛ぶ。

するとそこにガルオウガが現れプリキュアは戦う。

 

フワを守る為に戦うプリキュアに対して「力が無ければ何も救えない」とガルオウガもかつて自身の星を失っていた。

圧倒的な力に倒れるプリキュアだが、ガルオウガと同じ境遇のキュアコスモは「失うのはもう嫌!」と攻撃を跳ね返す。

 

キュアスターたちも立ち上がりフワを思う気持ちをパワーに変え戦う。

ガルオウガは「まとめて消してやる」と巨大な光の玉を放つ。

 

プリキュアのピンチにフワは「プリキュアを守る!」と飛び出して行きみんなの前に立つ。

 

その思いにシャイニートゥインクルペンが現れ、みんなの思いを1つにしてガルオウガを攻撃する。

ガルオウガが身に付けていたダークネストのリングが壊れガルオウガは退散する。

 

手にしていたシャイニートゥインクルペンが光るとプリンセスの元へワープしたひかるたち。

 

ユニは「これで星が元に戻る」と期待するが"トゥインクルイマジネーション"を集めないといけないと言われる。

どこにあるかもわからない"トゥインクルイマジネーション"を探すのは困難だと皆は思うが、ひかるは「任せて!」と引き受ける。

 

星空連合のトッパーはひかるたちの活躍を見て連合に入れる事を諦め地球を離れる事にした。

だが地球の近くに留まり"トゥインクルイマジネーション"を探す協力をすると言ってくれた。

 

 

ではまた☆

JUGEMテーマ:プリキュアFAN!

 

 


スタプリ 第31話

 

 

スター☆トゥインクルプリキュア

 

 

第31話 「守り抜け!最後のプリンセスのペン☆」

 

ーざっとあらすじー

 

久しぶりに地球に戻ったひかるたち。

宇宙星空連合のトッパーもプリキュアを連合に入れる為ひかるたちを追って地球にきた。

 

ララとプルンスは地球人に存在を知られたとして100年間旅の禁止を言い渡される。

さらに報告しなかったアブラハムにも罰を与える。しかしアブラハムの必死の謝りで3人の罰は免除された。

 

そして本題の連合に入るようにお願いするが、ユニは「めんどう」えれなは「家の手伝い」まどかは「習い事」と断りえれなとまどかは帰る。

 

トッパーは「そんな理由で…」とがく然とする。

 

一方ノットレイダーでは最後の1つになったプリンセスの力をプリキュアよりも先に手に入れる為動きだしていた。

 

ひかるたちはそれぞれ楽しい時間を過ごす。

夜になり帰宅しようとしたひかるに声を掛けたトッパーはリーダー同士で話がしたいとフワと3人で宇宙船にきた。

 

そしてトッパーはプリンセスや宇宙を守れなかったと自分の弱さに涙を浮かべる。

しかしリーダーとしての責任があるとし、誰かに頼るしかなく再びひかるに星空連合に入るようにお願いする。

 

トッパーもひかるもみんなを守る責任がある・・・。

返事に困るひかるの前にノットレイダーのガルオウガが現れプリンセスのペンとフワを狙う!

 

ガルオウガはダークネストの力で月へとワープしキュアスターと2人きりで戦う。

トッパーも応戦するが宇宙船が攻撃され、さらにキュアスターも倒れてしまった。

 

そこに最後のプリンセスのペンがガルオウガの手に渡りひかるの持っているペンも奪おうとする・・・。

 

1人で戦うキュアスターに「1人じゃない!」とフワの強い思いで他の4人が月へとワープしプリキュアが揃う。

 

しかしレインボースプラッシュもサザンクロスショットも跳ね返されてしまう。

だがダークネストの効力が消え、宇宙空間で呼吸が出来ないガルオウガは退散する。

 

最後のプリンセスのペンを手に入れたひかるたちはスターパレスに行きうお座のプリンセスを復活させた。

 

そして12星座のプリンセスが揃うとすぐさまプリンセスたちは「フワに食事を」と言う・・・。

 

とりあえずフワはデザートを食べる・・・。

 

するとフワはユニコーンの姿に変化したのだ!!

 

 

ー感想ー

 

フワの姿が変わったー!!これはびっくり。

そこのくだりがすごく面白かった!

 

12星座のプリンセスが揃ったけどフワも成長して何より最終回にはまだ程遠い・・・第2章が始まるって事だよね。

 

楽しみ♪

 

 

 

そう言えば従姉妹の子供がお盆休みにフワのぬいぐるみを買ってもらってたのに・・・姿変わっちゃったね・・・汗

 

ではまた☆

JUGEMテーマ:プリキュアFAN!

 

 


スタプリ 第30話

 

 

スター☆トゥインクルプリキュア

 

第30話 「ララの想いとAIのキモチ☆」
 

ーざっとあらすじー

 

プリンセスの力を奪ったとしてララたちはサマーン中に指名手配された。

 

森の中に逃げるも温度も感知出来るカメラがララたちを探していた。

見つかるのも時間の問題・・・とララのパーソナルAIがマザーAIとカメラの通信を妨害してくれ危機を逃れた。

 

宇宙星空連合の幹部たちは「パーソナルAIはマザーAIの分身。あり得ない」「裏切り行為」「前代未聞」と声が相次ぎ、ララの家族もカメラを通じて出てくるように説得する。

 

映像を見て"子供扱いされてる"と感じるララにユニは「信じてくれる家族がいるならプリキュアだと言えば?」

さらにえれなも「いくつになっても妹の事は心配」と言う。

 

しかしララはプリキュアだと言えばひかるたちに迷惑をかけると心配していた。

そこでひかるは「私たちの事は大丈夫。気にしなくていい、信じてる」と声をかける。

 

そこにホバーボードに乗った警備員が近付いてきていた。

 

"ホバーボードはマザーAIのアシストで動いている"

"ララのパーソナルAIが停止させる事も出来る"

 

判断を悩むララ・・・すると急にホバーボードやロケットが制御不能になり暴れだした!

 

AIに頼り生活しているサマーン星人は混乱しまともに走る事さえ出来ない。

弱音を吐くロロに「しっかりするルン」「AIが無くても大丈夫ルン」とララは声をかける。

 

しかしこれはユニに復讐する為にテンジョウと手を組んだアイワーンの仕業。

アイワーンがマザーAIを乗っ取りマザーAIに繋がる全てのAIをコントロールしていた!

 

駆け付けたユニたちは全員AIのコードに捕らえられ、操られた数機のホバーボードがユニめがけて飛んでくる!

身動きのとれない5人。もうダメかと思ったその時・・・ララのロケットがユニの盾となった!

 

ララのパーソナルAIがロケットを動かし、乗っ取られたマザーAIとの接続を頑なに拒否していたのだ。

 

それならとアイワーンは直接パーソナルAIを乗っ取りララたちを攻撃するように指示する・・・。

 

しかしララの声で消えたはずのデータが復活しパートナーだと認識する。

マザーAIと情報を共有するとコントロールされていた全てのAIが正常に戻り、ララやユニたちを解放する。

 

アイワーンの作成は失敗したが、テンジョウがノットリガーを繰り出す。

ララは家族の前でプリキュアになる覚悟をし、5人はプリキュアに変身する。

驚くララの家族と星空連合の前で見事ノットリガーを倒しテンジョウとアイワーンを退散させた。

 

そしてララは家族にプリキュアであることを話し、かに座のプリンセスをスターパレスに戻す事が出来た。

 

壊れたロケットはララのお母さんが直してくれ、ララは自分のパーソナルAIにアクセスする・・・。

 

通常マザーAIと情報を共有するとAIは均一化すると言うが、ララのパーソナルAIは以前と同じように反応し「ララやひかるたちのデータは際立ち埋もれなかった」と言う。

 

AIの研究員であるララのお父さんは「あり得ない!」と驚くが、ララは"AIにも心がある"とさらに家族を驚かせた。

 

そして星空連合にプリキュアである事がバレ迷惑をかけると心配するララにロロは「誇りに思う」と言い、家族が見送る中ララたちは地球へと戻る。

 

ではまた☆

JUGEMテーマ:プリキュアFAN!

 

 



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

profile

links

PR

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM