リュウソウジャー 第40話 恐怖が形に!?

 

 

騎士竜戦隊リュウソウジャー

 

 

第40話 「霧の中の悪夢」

 

ーざっとあらすじー

 

 

メルトは幼少期によく見ていた悪夢に魘され、なぜ今になって見るのかと気になっていた。

カナロもモサレックスから「潮の満ち引きがおかしい、強大なエネルギーを感じる」と報告を受け、以前ユノが「試練の始まり」と言った言葉を思い出し気になっていた。

 

一方ドルイドンではプリシャスが「大いなる力を復活させる為にわざとリュウソウカリバーを抜かせた」と全て計画だったと言い、ワイズルーは「エラス・・・」と息を飲む。

だが幹部になったばかりのクレオンは何の事だがさっぱりわからず、誰も教えてくれない・・・。

そこでリュウソウジャーを倒して手柄を立てようと物置部屋に放置されたかつて恐れられていた呪いの鏡を持ち出しマイナソーを生み出そうとしていた。

 

買い物から帰ってきたコウアスナは「霧がすごかった」と何気なく言う。

しかし特訓中のトワとバンバに異変が・・・。

足首を少し痛めたトワの足元から霧が立ち込めドルン兵が襲ってきた。そして戦いの途中でトワの足が動かなくなってしまった。

 

トワをおんぶしてラボに戻ると、アスナはお菓子を食べた後太ったようで苦しそう、ういの父親はパソコンのデータが消えてパニックになっていた。

動きを遅くするマイナソーの能力だと思っていたが、メルトはこの全てがマイナソーの能力だと推測する。

 

カナロから連絡を受けトワ以外の4人が向かうと、霧が実体化しサタンマイナソーとなった。

サタンマイナソーはリュウソウジャーの攻撃を知っているかのように攻撃をかわす。

するとメルトは「あのマイナソーは自分から生まれた」と言う。

夢に出てきた最強のマイナソー・・・おそらく恐怖心から生まれたと。

 

その恐怖に打ち勝つ為、リュウソウカリバーでノブレスリュウソウブルーとなり立ち向かう。

しかしマイナソーはさらに強くなっていた。

 

「恐れる事をやめたはずなのに」とイラ立つメルトに、カナロは「マイナソーの強さに仲間を失ってしまうかもと悪い想像をしてしまった」と自分のせいだと言う。

するとアスナとバンバも同じ気持ちだったと言う。

 

バンバは「誰かを大切に思わなければ失って傷つくこともない。絆は不要」言う。

それを聞いたコウは喜んだ。それぞれが仲間だと思っていると。

 

そこに足を引きずりながらトワが来た。

「仲間が戦っているのに何もしないなんてできない」と言うと足元から霧が・・・。

恐怖を形にしていたのは霧だったと気付いたメルトはカワキソウルで霧を蒸発させる。

するとトワの足が自由に動くようになった。

 

「失う事を恐れるより仲間の絆を信じよう」

コウの言葉に気持ちを1つにした6人は再びサタンマイナソーに挑む。

強いマイナソーに苦戦していると、クレオンは呪いの鏡をけなしマイナソーは巨大化してしまう。

しかし、もう恐れる事はない。キングキシリュウオーで一気に倒す!

 

クレオンが置いていった鏡を手に取ったコウは笑顔を映す・・・このほうが鏡も幸せだと。

 

 

ー感想ー

 

最初メルトの悪夢とか呪いの鏡とか霧とかサタンマイナソーとか正直よくわかんないって思ったけど、結果いい話だった。

 

仲間を失う恐怖でマイナソーが更に強くなって、リュウソウカリバーの力でも倒せないって事は・・・それだけの恐怖だったって事。

バンバが「絆は不要」って言った気持ちもわかる。

こうやって1年通して絆が生まれていくのも見ていてちょっとほっこりするね。

 

最後、呪いの鏡に笑顔を映すって所も良かった。

 

 

ところでリュウソウカリバーって誰でも使っていい事が判明してびっくり&嬉しかった。

第38話でレッドとゴールドは特別扱いかって愚痴ったけど、考えてみたらノブレスリュウソウバージョンなら上から被るだけだもんね!
さすがにマックスリュウソウバージョンは面が違うから諦めるけど・・・何を?笑

 

 

是非、最終回までにリュウソウカリバーを使いまわして全員のノブレスリュウソウバージョンを見たい!

無理かな〜??

 

ではまた☆

JUGEMテーマ:特撮

 

 


スタプリ 第46話 ついにダークネストの正体が!?

 

 

スター☆トゥインクルプリキュア

 

第46話 「ダークネスト降臨!スターパレスの攻防」

 

ーざっとあらすじー

 

トゥインクルイマジネーションが全て揃いみんなでプリンセスの所に行く。

早速フワとトゥインクルイマジネーションの力で宇宙を平和にする為の儀式をしようとした時、ノットレイダーが総出で攻めてきた。

 

プリンセスたちはスターパレスに強い結界を張り、プリキュアはトゥインクルイマジネーションの力で宇宙空間でも自在に戦う。

しかしノットレイダーはみな鎧を身に着け、今までにない強い力でスターパレスの結界を破ろうとする。

 

星空連合も援護に来てくれたが、お互いに倒す事しか頭になくキュアスターは悲しみ必死に呼びかける。

 

キュアスターの言葉に皆の動きが一瞬止まるが、ダークネストはノットレーを犠牲に歪んだイマジネーションを増幅させる。

ダークネストの裏切り行為にガルオウガやテンジョウが戸惑う。

するとついに鎧の下の正体を現す・・・。

 

なんとへびつかい座の13番目のプリンセスだった!

12星座のプリンセス達と共にこの世界を作ったが、失敗作だったと全て消し去ろうとしていた。

 

「宇宙を手に入れる」と聞いていたガルオウガ達はただ利用されていただけ、しかも故郷を破滅させたのがダークネストだったと知り怒りが爆発する。

 

しかし鎧を身に着けたガルオウガ、カッパード、テンジョウは自分の意思では制御できず苦しみ暴れる。

その怒りのパワーでスターパレスの結界が壊された!

プリキュアは身動きが取れなくなりピンチになったが、アイワーンが助けに入ってくれピンチを脱した。

 

急いでプリキュアはスターパレスに行く。

しかしダークネストは既にスターパレスに降り立ち12星座のプリンセス達が拘束されていた。

 

するとダークネストはプリキュアに「歪んだイマジネーションにのみ込まれたガルオウガ、カッパード、テンジョウたちを倒す事はできない」と言う。

 

プリキュアは声を揃え「倒すんじゃない!みんなを守る!」と強い気持ちでガルオウガ達の呪縛を解いた。

しかしプリキュアが力を使いきったと見たダークネストはスターパレスを破壊し、フワを手に入れ闇の力を広げる。

 

星空連合は退避し、ガルオウガ達はアイワーンが、プリキュアの元にはララのAIが来てこの闇から逃れる。

プルンスは「フワを守れなかった」と泣くがキュアスターは「必ず助ける!」と誓うのだった。

 

 

ー感想ー

 

ダークネストの正体がプリンセスだったとは!

 

ヘビつかい座・・・

ヘビツカイシルバー思い出した♪(キュウレンジャー)

当時「本当にそんな星座あるんかな?」と思って調べたもんね。勉強になるw

ちなみにセーラームーンも惑星の勉強になるよねw

 

 

そんな事より、いよいよ最終回に近付いてるって感じだけどフワも奪われちゃったし、闇も広がっちゃったじゃん・・・。

もう・・・無理じゃない? あー宇宙が破滅する。コワイヨー

 

 

でもダークネストの宇宙を破壊する動機がいまいち弱い気がするんだよねー。

だからきっとプリキュアが勝つよ。応援しようねw

 

 

そんな事より(?)アイワーンが助けに来てくれた☆

しかも小声で「ごめん」って。

予告でチラッとガルオウガ達が味方になってたし、1年通して敵が味方になっていく過程がすごく好き。

 

それがプリキュアシリーズの好きな所!

シリーズって言っても全てではないし全て見てるわけでもないけど、最初その展開を見た時には衝撃的に嬉しかった!

どの作品か覚えてないけど・・・汗

 

 

まぁそんなこんなでどうなるのやら?

楽しみだね。

 

 

何気に次の作品の「ヒーリングっどプリキュア」が気になってる・・・。

終わってしまう寂しさと次の作品の楽しみと・・・この時期情緒が不安定になって困るわw冗談ですw

 

ではまた☆

JUGEMテーマ:プリキュアFAN!

 

 


カメの写真をたくさん撮った日!

 

年を越す前に1回はカメの掃除をするって言ったけど、やっぱりしなかった・・・。

 

で、4日(土)のお昼頃天気も良くてお掃除日和だったのでピカピカに掃除しました!

 

 

 

20200104_2930758.jpg

 

まだ掃除の途中で水を入れる前だったけど、日が差して気持ちよさそうだったのでとりあえず撮ってみた!

ツーショットを狙った・・・けどちょっと無理があるw

 

 

20200104_2930756.jpg

 

お花に興味のあるヤンちゃん。

 

 

20200104_2930760.jpg

 

せっせと登り・・・。

 

 

20200104_2930762.jpg

 

落ち着いた。

 

 

20200104_2930754.jpg

 

で、プイッと無視。

相変わらずです・・・。

 

 

20200104_2930750.jpg

 

テンちゃんも相変わらずふてぶてしい表情・・・。

 

 

20200104_2930746.jpg

 

あら?珍しいカメラ目線!凛々しい・・・歌舞伎役者のようねw

 

 

20200104_2930752.jpg

 

光の具合がモデル風w

でもやっぱり顔は美川憲一なんだよな。

 

 

あんまり動かないけど、カメも動物なのでベストショットを撮るのは想像以上に難しい。

だからこそ今回はテンちゃんのいい写真が撮れて良かった〜!

ボツ写真もたくさんある中で、最後の2枚は気に入ってますw

 

 

寒かったけど楽しい一時♪

 

今年もテンちゃんとヤンちゃんをよろしくお願いします!!

 

ではまた☆

JUGEMテーマ:カメ全般

 

 


リュウソウジャー 第39話 クリスマスを取り戻せ

 

 

騎士竜戦隊リュウソウジャー

 

第39話 「奪われた聖夜」

 

ーざっとあらすじー

 

街がクリスマスムード一色の中、ワイズルーは自分より目立っているサンタさんが気に入らないとしてサンタさんの格好をしている人たちを捕らえていた。

 

保育園にクリスマスプレゼントを届けたバンバは買い物帰りのメルトに保育士のあかり先生といる所を見られ動揺する。

すると中から子供たちが「クリスマスが消えた」と慌てて出てきた・・・。

その頃、アスナもクリスマスパーティー用にたくさん買ったケーキが手品のように一瞬で羽子板に変えられてしまい街のクリスマスが次々に消されていく・・・。

 

ドルイドンが捕らえたサンタさんの中にいたマジシャンから生まれたウィザードマイナソーが街に出現する。

いつも以上にアスナとバンバに熱が入るが、武器も違う物に変えられ思ったように攻撃できず逃げられてしまう。

 

頭に血が上ったままのアスナとバンバだが、サンタさんが狙いだと気付いたメルトはおとり作戦を思いつく・・・。

 

一方ドルイドンではサンタさんを消そうとするワイズルーにガチレウスが「くだらない。マイナソーを増やせ」とクレオンに無理な命令をする。

すると突然プリシャスに攻撃され、ガチレウスの自己防衛機能が働き固まってしまう・・・。

 

サンタさんとトナカイの格好をしたアスナとティラミーゴはわざとドルン兵に捕まりコウトワも後を着け敵のアジトに入り込む。

バンバはサンタさんの格好でイベント会場に現れたウィザードマイナソーをメルトカナロと共に戦い倒す。

 

コウアスナトワ、それに騎士竜たちが捕らえられていた人々を救出するが、固まっていたガチレウスの自己防衛機能が解かれ巨大化する。

だが、キングキシリュウオーでついにガチレウスを倒す事に成功する!

 

こうして無事にクリスマスを取り戻し、子供たちとパーティーを楽しむのだった。

 

 

ー感想ー

 

おもしろかったね〜!バンバw

クリスマスの回楽しみにしてた!笑

 

でも、ルパンvsパトレン第45話のクリスマス回には勝てないな。

あれは傑作だったと今になって思う。

「アスタキサンチン!」「日本人ならサケを食え!」って、1年経っても思い出すなんてw

イオンのCMで「クリスマスにはサーモンを」ってやってたしw

ごめんね、とっくにクリスマス過ぎてるから。年も明けてるし・・・汗

 

わからない人はスルーするかレンタルして見てね。

 

 

と、くだらない回なのに大きな展開があったね、ついにガチレウスが・・・!!!

こんなくだらない回に死ぬなんて、ガチレウスに同情するわ。

 

「くだらない」とか絶対禁句w

いや、私はこういうくだらない回が好きなのです!

 

ではまた☆

JUGEMテーマ:特撮

 

 


リュウソウジャー 第38話 新たな剣

 

 

騎士竜戦隊リュウソウジャー

 

第38話 「天空の神殿」

 

ーざっとあらすじー

 

コウメルトアスナカナロはセトーが言っていた”始まりの神殿”を探しに行く。

地図が示した所に着くと神殿は空にあった。

すると突然コウカナロは神殿に吸い込まれて行った。

 

そこでコウたちの先祖である古代リュウソウ族のユノと言う女性が映像として現れ、「大いなる力を手にしたければ先に進め」と言われる。

コウの前には巨大なティラミーゴが、カナロの前にはプテラードンが現れ「先に進みたければ我を倒せ」と戦う事になった。

 

一方特訓していたトワとバンバの前に水を奪うマイナソーが出現する。

水がなくなれば生き物は生きていけない・・・連絡を受けたメルトアスナはすぐに駆けつけ4人で戦うが、途中ガチレウスがカリブディスマイナソーの盾となり攻撃を受ける。

 

プリシャスに心臓を奪われたガチレウスは「もう後がない」と追い詰められ自らカリブディスマイナソーを生み出していた。

そして公園の水を吸収し去って行く。

 

コウたちが戻ってくるのを待っていられないと行動に出ようとする4人にういの父親はおにぎりと豆乳を勧める・・・。

メルトはエネルギー補給でひらめき、カリブディスマイナソーに水を補給させなければ勝機はあると言う。

 

メルトの予想通り、カリブディスマイナソーの中に一定量の水を貯えるタンクがあった。

タンクを空の状態にすれば・・・しかしガチレウスはクレオンに自分の悪口を言わせ、自身のエネルギーでマイナソーを巨大化させる。

 

巨大化しタンクの容量も増えてしまった・・・。

マイナソーに水を補給させないようにキシリュウオーファイブナイツブルーで阻止する。

 

コウカナロはそれぞれ騎士竜と戦い、ミッションをクリアする。

次の間に進んだコウはディメボルケーノに「仲間か使命かどちらをとる?」との問いに「どっちもとる」と言うがそれは認められない。

悩んだ末にコウが出した答えは「仲間」だった。

 

最後の間に行くとカナロが待っていた。

そこには1本の剣が刺さっていたが抜くことができない・・・。

 

するとユノが「リュウソウ族最強のリュウソウカリバーを手にしたければ、仲間を選んだコウ、使命を選んだカナロ、どちらを守るソウルが上か戦って示せ」と言う。

戸惑うコウだが地上で戦う仲間の映像を見せられ迷っている時間はないと2人は戦う事に。

 

しかし2人の手が止まる。

ユノが戦いを促すが「俺たちのソウルはいつだって1つ!」と異なる選択をした2人が出した答えにユノも「よくぞ言った!」と認め2人で1本のリュウソウカリバーを引き抜く。

それと同時に神殿は崩れ落ちる・・・。

 

リュウソウカリバーを手にレッドゴールドはみんなの元に掛けつけ、新たな姿ノブレスリュウソウレッドノブレスリュウソウゴールドで巨大化したカリブディスマイナソーを倒す!!

 

大いなる力を手にしたが、カナロはユノが最後に「これからが本当の試練の始まりだ」と言った言葉が引っかかっていた・・・。

 

 

 

ー感想ー

 

またレッドとゴールドがいいとことったなー。

マックスリュウソウレッドになったばっかりなのに、次はノブレスリュウソウレッド!?

 

リュウソウジャーはリーダーとかないって言ってたけど、やっぱりレッドは特別なのね?

他の4人は劣ってるって訳ね?

 

はいはい、神殿にコウとカナロが吸い込まれた時点で不公平だと思ってました。

これだから・・・レッドは好かん。

 

あー邪悪な心。

私・・・ナダと似てる・・・かも?笑

 

 

ではまた☆

JUGEMテーマ:特撮

 

 


リュウソウジャー 第37話 ティラと少年

 

 

騎士竜戦隊リュウソウジャー

 

第37話 「誕生!最恐タッグ」

 

ーざっとあらすじー

 

コウがティラミーゴを探していると、女性の悲鳴が聞こえてきた。

女性が指さす方を見ると、ティラミーゴが少年に噛みついていた!!

 

少年の母親である女性は「もうティラミーゴを外に出すな」コウ達のことを「不良」などと言って怒って帰って行った。

ティラミーゴは一言も発しず外に出ていく。

コウはすぐに追いかけ事情を聞くが、「コウには関係ない」と・・・険悪なムードの中デートに向かう途中のカナロと出会う。

 

するといきなりガチレウスに襲撃され、攻撃しようとするもどこからかミサイルが飛んできて反撃できない。

リュウソウジャーが6人そろってもその状況は変わらず、一旦引いて作戦を考える事にした。

手がかりはミサイルが飛んでくる時にアスナが聞いた「ピュ〜」っという音だけだ。

 

コウはティラミーゴの事が気になっていた。

「騎士竜とリュウソウジャーは信頼しなければならない」と。

その言葉を聞いていたバンバはコウに「ティラミーゴを支配しようとしてないか?」と問う。

 

一方ティラミーゴは少年が入院している病院にお見舞いに行っていた。

ピーたんはティラミーゴの後を追いかけこっそり会話を聞いていると2人の間に何かあるようだった・・・。

 

ティラミーゴが病院から帰ろうとした時、少年がドルン兵に連れ去られて行くのを目撃する。

少年を助けるため後を追うティラミーゴ。

 

するとワイズルーとクレオンが少年と少年の母親を捕らえていた。

ピーたんから連絡を受けたリュウソウジャーも駆けつけるが、ガチレウスが立ちはだかりまたも見えないミサイルに苦戦し変身する事もできない。

 

ガチレウスは5人に任せコウはティラミーゴの元に向かう。

そしてワイズルーに「見えないミサイルはお前の仕業か!?」と聞くと、「そんな地味な事はしない。マイナソーだ」とうっかり口を滑らせる。

 

ノームマイナソーを生んだ少年の母親から出たエネルギーが地面へと吸い込まれていく・・・。

その事を5人に伝えると、”地面の中にいるマイナソーはきっと音を聞いて位置を判断している”

”音がたくさんあれば聞き分けられない”と、フエソウルで音を増やす作戦に出る。

 

そしてコウはバンバに言われたように「支配しようとしてた」と素直に認めティラミーゴに謝り、ティラミーゴも「意地になっていた」と和解する。

2人は力を合わせワイズルーとクレオンを退散させる。

 

5人の音を増やす作戦はうまくいき、ドッシンソウルで地面の中からノームマイナソーを叩き出す。

すでにノームマイナソーは巨大化していたがキングキシリュウオーで一気に倒す!

 

その後少年はケガをしたのは自分のせいと謝りに来た。

ティラミーゴと遊んでいた少年はおもちゃの銃を使うことを医者である母親に反対されていた為とっさにティラミーゴの口の中に銃と自分の頭を入れた。

いつも「勉強して医者になれ」と言う母親に遊んでいた事を言わないでと少年はティラミーゴにお願いしていた。

母親は子供を追い詰めていたと反省し、コウ達にもひどい事を言ったと謝り帰って行った。

 

そして胃カメラをする医者である少年の母親から生まれたノームマイナソーだったから見えない所から攻撃していたんだとメルトは気付くのだった。

 

 

ー感想ー

 

うーん、ちょっと無理がある設定だったような気がするけどね、胃カメラと見えないミサイル・・・。

あとコウとティラミーゴのタッグも無理矢理感あったね、バランス悪くてw

 

 

ではまた☆

JUGEMテーマ:特撮

 

 


12月のアクセス&1年の総アクセス!

 

 

明けましておめでとうございます!

12月のアクセス数と2019年1年間の総アクセス数を発表したいと思います!

 

 

12月は19件投稿してアクセス数は1316

 

スタプリとリュウソウジャー記事の更新が滞っていて、最後にドドドドドォーと一気に投稿しちゃいました。

まだリュウソウジャーが追いついてないけど・・・最終回も近づいてるし更新がんばろ。

 

 

現在の人気記事は、、、

 

1位 11月のアクセス!

2位 リュウソウジャー第33話

3位 サンタさんは思い出。

 

となってます!

 

 

そしてそして、2019年1年間で164件投稿して総アクセス数は8014

 

ちなみに2018年は132件投稿の総アクセス4381だったのでまぁまぁ頑張ったかな。

頑張る事でもないんだけどね。苦笑

 

そう、ブログは頑張るものではない・・・楽しむものだ!

今年は(も)楽しんでブログをやってく!

 

 

それでは2019年もありがとうございました!

2020年もよろしくお願いします!

 

ではまた☆

 

 


スタプリ 第45話

 

 

スター☆トゥインクルプリキュア

 

第45話 「輝くキラキラ星☆ひかるのイマジネーション!」

 

ーざっとあらすじー

 

トゥインクルイマジネーションも残るはあと1つ。ひかるのだけだ。

しかしひかるは悩んでいた。

久しぶりにフワを連れ1人でりょうじぃの所へ行く。

 

お手伝いをした後、ひかるは「ララやみんなの事が気になる」「自分だけ取り残されていると焦りを感じる」と今まで”人は人、自分は自分”と思ってきたひかるは初めての感情に「私おかしい」とりょうじぃに相談する。

りょうじぃは「友達ができるとはそう言う事。おかしい事じゃない」と言ってひかるを励ます。

 

ひかるはララたちの所に戻ろうと雨の中歩いていると、カッパードが現れた。

ダークネストから最後のチャンスを与えられたカッパードは強く、キュアスターの変身も解かれひかるは立ち上がる事もできない。

 

駆けつけたキュアミルキーたちが応戦する中、ひかるは「トゥインクルイマジネーションを見つける事ができなっかた私のせいだ」と自分を責める。

 

カッパードはひかるを「異星人同士が理解できるはずがない。甘い」と罵るが、ミルキーは実際にクラスメイトとわかり合う事ができ、それはひかるが教えてくれた。

ミルキーが「ひかるはひかるだ!」と言うと、ひかるはりょうじぃの「周りが変わってもデネブは変わらず輝く」と言った言葉を思い出す。

 

そしてひかるは「宇宙の事、みんなの事、カッパードの事ももっと知りたい」「それぞれ輝いている。私は私、輝いていたい!」

その真っ直ぐな想いにトゥインクルイマジネーションが生まれ、スターのパワーもスピードもカッパードを上回りものともしない。

 

5人で力を合わせカッパードは倒れた。

ひかるはカッパードに手を差し伸べる・・・呆然とした表情のカッパードはワープし消えた。

 

 

ー感想ー

 

なんか「自分だけ取り残されてる」って思うひかるの気持ちわかるな〜。

そんな事友達にも相談できなし、そんなに風に思ってる自分がダサいとか思っちゃって・・・。

 

まぁ私の話はいいw

 

 

カッパードの最後の表情よかった。手も出そうとしてた・・・あとちょっとだったのに!

カッパードもテンジョウもアイワーンも少しずつ心が動いてきた感あるよね?ガルオウガは・・・?

 

最終回までにその辺の進展あるよね?

トゥインクルイマジネーションも全部見つけたし!楽しみだなぁ♪笑

 

 

ではまた☆

JUGEMテーマ:プリキュアFAN!

 

 


スタプリ 第44話 え、サンタって…

 

 

スター☆トゥインクルプリキュア

 

第44話 「サプラ〜イズ☆サンタさんは宇宙人!?」

 

ーざっとあらすじー

 

今日はクリスマス。

ララとユニにとって初めてのクリスマスをみんなでケーキを囲み楽しんでいた。

するとアブラハム監督から観星中にロケットが墜落したと連絡が入り、ひかるたちはすぐに駆けつける。

 

墜落したロケットから出てきたのはサンター星人・・・人々の驚く顔が好きで「サプラ〜イズ!」と言ってプレゼントを配りまくる異星人だとユニは言う。

サンタさんの正体が宇宙人だった事に驚くえれなたち。

 

すると突然配達ロボが壊れた・・・。

修理するのに9時間以上かかるとララのAIが言うと「今晩中にプレゼントを配れない!」と困るサンター星人。

そこでひかるたちがプレゼントを配るお手伝いをすると言い、フワのワープも使い子供たちの家にプレゼントを配る。

 

途中それぞれの将来について話しているとロケットが攻撃された!

ダークネストが現れ「器を渡せ」とフワを奪おうとする。

ダークネストの力にピンチのプリキュア。

 

追い詰められた時、ララのロケットが飛んできてピンチを脱しダークネストを倒した・・・と思ったが鎧の下はノットレーだった。

ダークネストは鎧の力を試し満足気に何かを企んでいた・・・。

 

ともかくプレゼントは夜のうちに全て配り終えサンター星人のサプラ〜イズは大成功するのだった。

 

 

ではまた☆

JUGEMテーマ:プリキュアFAN!

 

 


スタプリ 第43話 テンジョウのコンプレックス

 

 

スター☆トゥインクルプリキュア

 

第43話 「笑顔への想い☆テンジョウvsえれな!」

 

ーざっとあらすじー

 

ノットレイダーのいる星がわかるかもしれないと星空連合のトッパーから連絡があり、ひかるたちは一緒にグーテン星に調査に行く。

するとテンジョウに似ている人達がたくさん・・・テンジョウの生まれた星だ。

グーテン星人はプライドが高く、見下すように高笑いをする・・・。

 

みんなとはぐれてしまったえれなの前に1人で現れたテンジョウ。

駆けつけたひかるたちとテンジョウを追い詰めるとテンジョウの仮面が外れた・・・。

この星では鼻が長い者が良いとされ、テンジョウのように鼻の短い者は見向きもされない。

 

テンジョウはかつて周りの大人に「気にするな」と言われてきたが、本当は仮面の下で嘲笑っているんだと言う。

知られたくなかった過去を打ち明け、この星ごと消そうとテンジョウ自身がノットリガーとなり暴れる。

 

「笑顔なんて仮面」と言うテンジョウにえれなも迷っていた。

そして「笑顔を作っていた」と認める。

えれなもかつてみんなと違う事を気にしていた時があり、テンジョウの気持ちがわかると語りかける。

 

でも家族の本当の笑顔に救われ、「誰かの為に自分を犠牲にしている訳じゃない。」

「これはテンジョウのおかげで気付く事ができた。そしてテンジョウの事も笑顔にしたい。みんなを笑顔にしたい!」

 

その迷いのない想いにトゥインクルイマジネーションが生まれ、テンジョウは倒れた・・・。

手を差し伸べるえれなにテンジョウは「私を笑顔にできる?」と言い残し消えた。

 

家に帰ったえれなは母と2人で夕飯作り。

えれなは「自分の気持ちを伝える事、笑顔にする事は難しい」と泣く。

すると母は「人を笑顔にするのはすごい事。でも人の為に泣けるのはもっとすごい。それだけ相手を思っていると言う事だよ」と抱きしめ、えれなは母の胸で思いっきり泣く。

 

そして母と帰ってきた父に「人と人を繋ぐ通訳になりたい」と自分の気持ちを伝え、えれなに本当の笑顔が戻ったのだった。

 

 

ー感想ー

 

めっちゃいい話。泣ける。

テンジョウの過去も知る事ができた。だから、あんなに「笑顔」って言葉に反応してたんだね。

ともかくテンジョウに本当の笑顔が戻って欲しい!

 

 

なにが泣けるってえれなの母良い事言ったよね?

「人を笑顔にするのはすごい事。でも人の為に泣けるのはもっとすごい。」

 

名言でたー!!

 

 

ではまた!

JUGEMテーマ:プリキュアFAN!

 

 


スタプリ 第42話 えれな大ショック

 

 

スター☆トゥインクルプリキュア

 

第42話 「笑顔の迷い、えれなの迷い。」

 

ーざっとあらすじー

 

まどかは進路の迷いが消え笑顔でいる事が増えた。

これもえれなのおかげだとお礼を言い、えれなの進路を聞く。すると地元の高校に行くと進路を決めていた。

すでに自分で進路を決めているえれなに感心するまどかだったが、三者面談が終わった後のえれなに元気が無い事に気が付いた。

 

えれなは自分がどうしたいかわからないと言う。

プリキュアになっていろいろな経験をし、それを無駄にしたくないと本当はまだ進路を迷っていた。

まどかは「迷う事は回り道ではない」とえれなを励ます。

 

その帰り道、えれなはテンジョウにノットリガーにされた母に遭遇する。

すると母の心の声が聞こえてきた・・・「えれなは家族の為に笑顔で頑張っている。でもあれは本当の笑顔じゃない」と。

そしてテンジョウに「あんたの笑顔笑顔って所が母親を苦しめている」と言われショックを受ける。

 

駆けつけたひかるたちの声に何とか変身して戦うが、ソレイユは倒れてしまう。

セレーネたちの言葉で立ち上がりノットリガーを倒し、母を救う事ができたがえれなのショックは消えていなかった・・・。

 

 

ー感想ー

 

いつも笑顔、元気、真っ直ぐなえれな・・・めっちゃ進路も迷ってるじゃん。

 

母の心の声にショックを受け、テンジョウの「母親を苦しめてる」って言葉にもう呆然としちゃったね。

みんなの励ましもあってなんとか戦う事はできたけど、最後振り返らず精一杯の「チャオ」を言って帰ったシーンが印象的だった。

 

 

ではまた!

JUGEMテーマ:プリキュアFAN!

 

 


スタプリ 第41話 言ったれ!まどか!

 

 

スター☆トゥインクルプリキュア

 

第41話 「月よ輝け☆まどかの一歩!」

 

ーざっとあらすじー

 

まどかは生徒会の引継ぎを行い、これからはロンドン留学に向けて準備をしなければいけないと父に言われたが、それは自然とひかるたちとも距離ができると言う事・・・まどかは進路を迷っていた。

 

今まで父に言われた通りの道を進んできた。

”観星中の月”と言われるのも自分の意思では輝けないからと・・・えれなに悩みを打ち明ける。

するとえれなは”誰といる時の笑顔が一番か”で進路を決めたらとアドバイスする。

 

みんなでスタードーナツを食べていると、ガルオウガが現れフワを狙う。

プリキュアがトゥインクルイマジネーションを2つ見つけた事に焦りを感じているノットレイダーはダークネストの力をガルオウガに与え、凄まじいパワーでプリキュアを追い詰める。

 

ガルオウガとセレーネの一騎打ちでセレーネは倒れてしまう。

自分を捨て力を手にしたガルオウガ、みんなと笑顔でいたいと思うセレーネ。

もう自分にウソをつかないと決意したセレーネからトゥインクルイマジネーションが生まれ、圧倒的なガルオウガのパワーに打ち勝ちガルオウガは退散した。

 

まどかは父にひかる達と交流を続け、留学についても自分で決めると宣言するのだった。

 

 

ー感想ー

 

まどかさんあの毒父によく言った!!ちょっとスッキリした♪

 

ガルオウガ強かったね。

なんか絵のタッチが変わってた?セレーネの顔つきが違って・・・雑と言うか・・・いや、臨場感が出てた!ウン

 

たまに雑な時はあるけど。「目どうした?」って時があるw

 

ではまた☆

JUGEMテーマ:プリキュアFAN!

 

 


スタプリ 第40話 ララは友達、仲間です!

 

 

スター☆トゥインクルプリキュア

 

第40話 「バレちゃった!?2年3組の宇宙人☆」

 

ーざっとあらすじー

 

まどかの父は森での騒ぎを調査し、住人からの情報提供でララとプルンスとフワが写っている写真を入手していた。

政府は映画の撮影だと思っているが、まどかの父だけはララを疑っていた。

 

一方ララとひかるはいつものように教室に入り挨拶をするが、みんなから無視されなんだかクラスの様子がおかしい。

掃除の時間、ララは辛くなり1人でゴミを捨てに行く。

 

ひかるがみんなに事情を聞くと、まどかの父からララについて聞かれたり、ララが来てから不思議な事が起きたり、ララは宇宙人なんじゃないかと疑っていた。

教室の近くまで戻ってきていたララはその話をこっそり聞いてしまい放課後図書室で泣いていた。

 

ひかるはララを慰め、教室ではクラスメイトが悩んでいた。

すると窓の外にノットレイダーが!宇宙人の存在に逃げ出すクラスメイト達。

 

カッパードによってサマーン星人である事がバレたララだが、クラスメイトを助けるため変身しようとする。

2年3組のみんなが見ている中、ひかるもララは友達だからと変身する事を決意し、まどか、えれな、ユニも揃い全員で変身しプリキュアとなる。

 

カッパ―ドは2年3組の歪んだイマジネーションを狙っていたが、ララの想いにクラスメイトの迷いは消えていた。

そこでカッパードは駆け付けたまどかの父を武器に変え攻撃する。

 

クラスメイトはララを応援し、ララのクラスメイトを守りたいと言う想いにトゥインクルイマジネーションが生まれノットレイダーを退散させた。

 

目を覚ましたまどかの父にクラスメイト達は「ララは異星人じゃない」「友達だ」と、まどかも「友人です」と強い口調で言う。

 

帰る時、ララは謝るクラスメイト達に笑顔で「また明日」と触角を出しサマーン流のあいさつをするのだった。

 

 

ー感想ー

 

いい話だった。けど前半辛かったね。あの微妙なクラスの雰囲気最悪だぁ。

ひかるがララを慰める所泣けた。ひかるが友達で良かった。

 

プリキュアである事も、宇宙人である事も本当にばれちゃったのは結構びっくりした。誤魔化すかと思ったから。

・・・でも後日、誰か1人ぐらいは密告するよね?・・・そんな事するの私ぐらいか?・・・いや、しないよ。トモダチ ダイジ

 

 

ではまた!

JUGEMテーマ:プリキュアFAN!

 

 


スタプリ 第39話 テンジョウのおかげ

 

 

スター☆トゥインクルプリキュア

 

第39話 「えれな大ピンチ!テンジョウ先生のワナ!」

 

ーざっとあらすじー

 

今度、学校対抗の英語スピーチコンテストがあり観星中代表にえれなが選ばれた。

 

一方ノットレイダーではプリキュアがトゥインクルイマジネーションを見つけた事で一刻も早くフワを手に入れようと焦っていた。

そしてテンジョウは変身前のプリキュアに近付こうと、変身珠を使いジョー・テングと英語の先生を名乗り観星中に入り込んだ。

 

一風変わったジョー・テング先生だがすぐに生徒の人気者になりえれなも信用を寄せる。

えれなはスピーチコンテストで笑顔について話すと言うが、失敗させようとジョー・テング先生は過去の辛かった事を話せと言う・・・。

 

スピーチコンテスト当日、えれなはジョー・テング先生に言われたように過去の辛かった思い出から笑顔の大切さを話す。

そして会場のみんなを感動させた。

 

するとジョー・テング先生は怒り会場は騒然とする。

ジョー・テング先生は走って会場から出て行き、後を追うえれなとひかるたち。

 

変身珠の効力が切れジョー・テング先生の正体がテンジョウだったと知る。

テンジョウはえれなの笑顔が気に食わないと、校長先生をノットリガーにし攻撃してくる。

しかしえれなはテンジョウのアドバイスでスピーチできたと感謝を伝える。

 

そしてプリキュアの攻撃でテンジョウは退散し、校長先生も無事だった。

 

英語スピーチコンテストは見事えれなが優勝したのだった。

 

 

JUGEMテーマ:プリキュアFAN!

 

 


スタプリ 第38話 ユニの気付き、アイワーンの悲しみ

 

 

スター☆トゥインクルプリキュア

 

第38話 「輝け!ユニのトゥインクルイマジネーション☆」

 

ーざっとあらすじー

 

トゥインクルイマジネーションについて何の手がかりもない中、ユニは「宇宙一の占い師に頼むしかない」と言い全員で会いに行く事にした。

ユニはレインボー星を石にされた時に占ってもらった目の見えないハッケニャーンと言う占い師をとても信用している。

 

占いの星に着きハッケニャーンに星読みと言う占いをお願いする。

しかし以前ユニに「運命の星を見つけろ」と言っていたが「すでに運命の星を見つけている」とハッケニャーンは占う必要がないと言う。

 

その時、アイワーンがスターカラーペンの反応を追ってユニの前に現れた!

パワーアップしたアイワーンの攻撃にプリキュアは倒れてしまう。

コスモが追い詰められた時、盾となったハッケニャーン。

 

アイワーンは信頼していたバケニャーンにそっくりのハッケニャーンを前に動揺する。

だが攻撃の手を緩めずビームを放つ。

 

しかしその時、コスモから強い光が!

ハッケニャーンの言葉にコスモは「私もアイワーンと同じだ」とアイワーンを傷付けていた事に気付き謝る。

そしてアイワーンを許し、「みんなで未来に行きたい」とその想いからトゥインクルイマジネーションが生まれたのだ。

 

倒れたアイワーンに手を差し伸べるユニ。一緒に地球に行こうと誘うひかる。

アイワーンは「余計なお世話だ」と言って姿を消した。

 

 

ー感想ー

 

めっちゃいい話だった。

ユニとアイワーンの確執は一番気になってたけど、ユニが謝ったね。

しかも許すとは・・・憎しみ合うのではなく、レインボー星を元に戻す方法を前向きに考えるしかないもんね。

 

アイワーンもバケニャーンの事をすごく信頼してたんだ。

そして裏切られた・・・と思ってる。全て失った。あ〜泣けるわ。

 

 

プリキュアって敵が味方になるパターン多いじゃん?

個人的にそういうのすっごく好きなんだけど、スタプリはなんだかもどかしいね〜。

でもそれがリアルガチなのかも。

 

最後には分かり合って欲しい。

レインボー星はアイワーンが治す薬を開発するしかないと思う。

そして2人は真の友となる!(私の勝手な理想w)

 

ではまた☆

JUGEMテーマ:プリキュアFAN!

 

 



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

profile

links

PR

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM