リュウソウジャー 第35話 6人もロボもパワーアップ!

 

 

騎士竜戦隊リュウソウジャー

 

第35話 「地球最大の決戦」

 

ーざっとあらすじー

 

スペースドラゴンが現れプリシャスに技をコピーされたコウ達は悩むが、後は個人の力量だとレベルアップする為に”試練の断崖”に挑む事にした。

 

試練の断崖に着くと試練をクリアしたトワとバンバに会い、敵の事を伝える・・・。

 

メルトは勇気の試練。

高い空から1本の橋を見付け渡り脱出する。落ちれば命はないと言う。

 

アスナはスピードの試練。

超高速で飛ぶ虫を捕まえる。

 

カナロは集中力の試練。

美女が現れる中、心を乱さずトランプタワーを完成させる。

 

コウの試練は・・・戦う相手が出てこない・・・。

それはコウ自身の心の問題とし、コウが気付かない限り永遠にこのまま暗闇の中だと言う。

 

メルトアスナカナロは猶予の3日間までにそれぞれクリアしたが、コウは暗闇の中「試練を与えてくれ!」と叫ぶ。

 

するとリュウソウルが光り背景が変わるとマスターレッドの姿が。

「今の自分が最強だと思っているとレベルアップ出来ない」とマスターレッドがマックスリュウソウレッドになり、コウも変身し戦う事に・・・。

 

そうしている間にも猶予の3日がきてしまいコウ以外の5人の前にプリシャスが現れ苦戦する。

 

コウは試練の中マックスリュウソウレッドが必殺技エバーラスティングクローを出した後、力が弱りもう一度必殺技を出すまでに時間がかかる事に気が付き、見事マスターレッドを攻略する。

 

「限界を作らず限界は越える為にある」と悟ったコウは試練に合格し、急いで皆の元に駆け付ける。

 

そしてプリシャスとの戦いでダメージを与える事に成功する。

 

しかしプリシャスはスペースドラゴンを放ち姿を消す。

 

スペースドラゴンを攻略するには「陸・海・空の騎士竜が究極合体する必要がある」と長老が言っていたが、モサレックスはその強力で凄まじい力を恐れて過去に封印していた。

 

一緒に戦ってくれるか不安なカナロだったが、カナロの呼び掛けにスピノサンダーで駆け付け「陸のリュウソウ族を信じる」と言ってくれた。

 

ティラミーゴ、モサレックス、プテラードンが究極合体したキングキシリュウオーでスペースドラゴンを宇宙空間に飛ばし完全消滅させた。

 

 

ー感想ー

 

なかなかユニークな試練で面白かったし、みんなクリアしたのはいいけど・・・本当に強くなったの?って感じ。

まぁそれだけプリシャスが強いって事で。

 

究極合体いいね〜!最強じゃん!モサレックスかっこいい。

 

スピノサンダーも久しぶりの登場?走り方がね・・・面白くない!?w笑

個人的にはティラミーゴ、ディメボルケーノ、モサレックスが合体したギガントキシリュウオー好きなんだけど、なかなか出ないね。

出てないよね?(一応毎週見てるけど自信ない)

 

ロボ増えてくのはいいけど、たまには出して。

 

 

ではまた!

JUGEMテーマ:特撮

 


リュウソウジャー 第34話 なんか強いの出てきた。ペットも連れて…

 

 

騎士竜戦隊リュウソウジャー

 

第34話 「宇宙凶竜現る!」

 

ーざっとあらすじー

 

ドルイドンの前にかつてリュウソウ族にやられたプリシャスと言う男が現れた。

バカにするガチレウスに「あの時とは違う」と自信満々にガチレウスとワイズルーに「僕の手足になりな」と言うと・・・。

 

一方ナダが居なくなり元気が無いコウを周りは何とか元気付けようとする。

しかしコウは「これからの戦い方をずっと考えていた」と落ち込んではいなかった。

そしてトワとバンバから連絡が入りガチレウスと戦う。

マックスリュウソウレッドの攻撃でダメージを与えるとガチレウスは逃げるように姿を消した。

 

マックスリュウソウルの力に皆が期待する中、1本の矢が飛んできた。

矢に付けられた手紙には「新店舗開店、良き時に来い」と書いてあり、長老からだった。

 

ガチレウスはマックスリュウソウレッドの絵が描かれたカードをプリシャスに渡す。

生意気に命令するプリシャスに怒りが湧くガチレウスだが、実はガチレウスとワイズルーの心臓はプリシャスに取られカードに封印された為逆らう事が出来なくなっていた。

マックスリュウソウレッドの必殺技をコピーするためにガチレウスは利用されたのだ。

 

コウたちは早速長老の店に行く。

すると長老は「何かが地球に向かっている」「嫌な予感がする」と"試練の断崖"について話す。

レベルアップする為に試練は人によって違う。

とても困難でマスターレッドでもクリアするのに1週間もかかったと言う・・・。

バンバとトワは店を飛び出し試練の断崖に行く。

 

バンバは柔軟さの試練。

生卵を持ったまま10体の敵を倒す。しかし卵を割ってしまうと卵が増えていく。

 

トワは孤独の試練。

一言も喋らず1000体のドルン兵を倒す。喋ってしまうと最初からやり直し。

 

他の4人は戦いに備えてとりあえず残る事にした。

すると宇宙から隕石が落ちてきて、衝撃で街が破壊された。

さらに巨大な恐竜が暴れ街を破壊する。

 

トワとバンバ以外の4人で立ち向かうが数々の星を破壊してきたスペースドラゴンに苦戦する。

 

そこにプリシャスが現れスペースドラゴンをカプセルに納めるとマックスリュウソウレッドと1対1で戦う。

 

優位に見えたレッドだったがプリシャスがカードを取り出すとマックスリュウソウレッドの必殺技エバーラスティングクローを繰り出しレッドにダメージを与える。

 

そしてプリシャスは「3日の猶予をあげる。出直してこい」と言い残し姿を消した。

 

 

ー感想ー

 

プリシャス・・・なんだか可愛い感じもするけど、ちょっと不気味ね。そして強いね!

ガチレウスとワイズルーの心臓取っちゃうなんて・・・こわ。

 

これはリュウソウジャーもピンチかも!?

 

 

ではまた!

JUGEMテーマ:特撮

 

 


リュウソウジャー 第33話 ナダが残してくれた物

 

 

騎士竜戦隊リュウソウジャー

 

 

第33話 「新たなる刺客」

 

 

ーざっとあらすじー

 

クレオン、ガチレウスの前にドルイドンのウデンが現れた・・・。

 

一方コウたちはナダを救う事に成功し、全員で卓球を楽しんでいた。

 

しかし休憩に出掛けたトワカナロが戻ってこず探しに行く。

するとコウメルトアスナがウデンに取り込まれてしまう。

 

バンバとナダはウデンと戦うが、ウデンはリュウソウジャーの技を繰り出しバンバも取り込まれてしまう。

 

ウデンは空間の中で1対1で戦いリュウソウジャーの技と力を吸収する。

その事に気付いたバンバはみんなに「戦うな!」と連絡し、ひたすら逃げる。

 

ウデン本体と戦うナダはボロボロになりながらも弱点を見つける。

最後の力を振り絞り弱点である胸を頭突くと、コウがウデンの中からの脱出に成功する。

 

しかしコウが「一緒に戦おう」と声を掛けると、ナダは倒れそのまま命を落としてしまう。

 

だがコウの手にはマックスリュウソウチェンジャーがあった。

マックスリュウソウレッドとなりナダの魂と共にウデンを倒す!

 

旅に出るつもりだったナダはビデオでみんなへの感謝の思いを残していた・・・。

 

 

ー感想ー

 

みんなで卓球してさ、和気あいあいだったのに・・・死んでしまったね。

助かって、たった1週で・・・早くない?早すぎない?

 

でもまぁ新しいアイテム残してくれたから、いっか。

いや、やっぱり早いよ!!

 

ではまた☆

JUGEMテーマ:特撮

 

 


サンタさんは思い出。

 

 

先日母から、「小4の姪っ子(私から見て)がサンタさんいると思ってるらしい…」って話を聞いた。

 

 

どうやらお友達が「サンタさんなんていない」と言って、サンタさん・・・いや、親に現金をお願いしたとか・・・。


で、姪っ子が「友達がそんな事を言っていた!」と怒ってたらしい。

 

 

話を聞いて私は何も言わなかった。

 

 

私自身は、サンタさんに貰ったものは今でも覚えてるし、ライオンのぬいぐるみは枕元に置いてずっと一緒に寝てるわけで。

 

 

20歳頃そんな話で"サンタさん"ってワードを出したら知人がすごく言いにくそうに

 

「あのね…サンタさんはね…本当はね…」

 

私「わかってる!!」

 

 

朝起きて枕元にプレゼントがあるって凄く嬉しい事で特別なプレゼント!

そんな事、年に1回クリスマスだけ!!

 

だから区別してるって感じかな。

 

今思うと夢があるし良い思い出だ。

 

 

あ、本当は"サンタさん"って書いてるけど、"さん"付けしないで"サンタ"って呼び捨てにしてる・・・。

 

大人になったって事ですw笑

 

 

書いてて思ったけど、ある程度大きくなった子供(甥姪)にサンタの事を聞かれたらなんて答えたらいい??

 

実際サンタクロースはフィンランド(?)に居てお手紙も送る事が出来る。

 

けどあんまり期待させるのも・・・ね?

 

 

まぁ・・・すっとぼけるかっ!!

 

伯母さん(私)の精神年齢が低いのは周知の事実だからw

 

 

ではまた☆

 

 


リュウソウジャー 第32話 ナダを救ったコウ、コウを救った5人。

 

 

騎士竜戦隊リュウソウジャー

 

 

第32話 「憎悪の雨が止む時」
 

ーざっとあらすじー

 

 

ナダを救う方法を考える5人。

ナダはいよいよガイソーグの鎧に支配されそうになっていた。

 

そんな中、暴言を吐き暴れるオト。

街でも7色の雨に打たれた人々がケンカを始めた。

 

人間の憎しみを吸い取り雨を降らせ拡散させる。ジャックオーランタンマイナソーの仕業だ。

 

リュウソウジャーがドルイドンと戦っているとガイソーグが現れた。

その隙にドルイドンは姿を消す。

 

「もうナダを救うのは手遅れなのか…」と思った時、グリーンレッドのドッシンソウルを取りガイソーグを攻撃する。

 

レッドが「やめろ!」と言うとグリーンは「ナダの体が弱れば、強さを求める鎧はナダの体から離れるはず」と言う。

 

すると鎧から数々の怨念が聞こえてきた。

 

変身を解いたコウは両手を広げ「俺に乗り移れ!」と言い、倒れた。

 

そこでメルトはマイナソーの憎しみを吸い取る能力を思いだし、すぐにマイナソーを探すようにティラミーゴに連絡する。

すでにティラミーゴはピーたんと合体したプティラミーゴとなり空からマイナソーを探していた。

 

そうしている間にもガイソーグの鎧はコウの体に乗り移ろうとする。

変身が解かれた5人だが必死に食い止める。

 

バンバは「逃げるな!」と呼び掛け、ガイソーグの鎧を身に付けたコウは"誰よりもリュウソウジャーに成りたかった"ナダの気持ちを知る。

 

するとナダは自分の力で立ち上がった!

 

そして巨大化したジャックオーランタンマイナソーに「こっちだ!」と呼び寄せ光線をコウに浴びせると、ガイソーグの怨念が全て空に上がり黒い雲となった。

 

空に逃げたマイナソー・・・雨が降る前にマイナソーを倒さなければ・・・。

すぐに追いかけキシリュウオージェットで倒す!

 

そしてナダは自由にガイソーグの鎧を操れるようになったのだ。

 

 

ー感想ー

 

バンバがナダに呼び掛ける所、泣いたわー。

バンバちゃん良い仕事した。ウン

 

にしてもコウは無茶な事して・・・みんなが居なかったら今頃・・・。

説教してやりたいぐらいだわ!反省しれ!

 

まぁ無事にナダを救うことができたのも、最後までナダを信じたコウのおかげって訳だ。ケッ!

 

 

ではまた!

JUGEMテーマ:特撮

 


ジョギングからのサトシ。

 

 

「ウォーキングしなくていいのか?・・・今日忘年会だろ!!」

 

 

とゴリラ体型の父に言いたい気持ちを抑えて自分はジョギングへ!

 

 

何気に週末ジョギング続いてる。

「雨降ってたらサボれるのに」とか悪い事を考えてる割にはちゃんと6時に起きて走る。

 

 

「ジョギング好きなんかな?」って起きた時に思ったりする。(多分前にも書いたw)

 

 

そんな事より、寒いねー。

 

でも走ると暑くなる。

 

途中止まると汗で急激に冷える。

 

だから走る。

 

でも足が痛くなって走れなくなったら最期・・・。

 

 

こんな私に最適なジョギングウェア&グッズはないものかね?

 

 

・・・グッズと言えば手袋!

温かくなると言っても手は冷える。

 

そこで数年前にアウトレットで買ったアシックスの指無し手袋!

 

指無し手袋??表現合ってる??

 

サトシが着けてるやつ。(もっとわからなくなったwポケモンの)

 

 

もちろん指先は冷える。

でも無いよりはマシ。

 

特に今日は靴紐結び直したから重宝した♪

 

 

と言うより指無し手袋が昔から好きってだけ。

 

サトシの影響で(またサトシw)

ポケモン世代なら共感するでしょ!?笑

 

最近のサトシは手袋してないかも??(どーでもいいw)

 

 

正直今、頭の中は"サトシ"でいっぱいになってるけど話を少し戻して・・・気温2、3℃の中でも走り終えるとインナーが汗でべったり。

 

 

人間の体って凄いね。

 

 

なんだか"走れる人"みたいに書いてるけど、めちゃめちゃ遅いしすぐ歩く。爆

 

 

そして話を戻そうとしたけど特に無かった事に気付いた。

結局"サトシ"ばかりが印象に残った記事になったわ。

 

 

明日は"サトシ"に成りきって走ってみようと思う。

 

ではまた!

 

 


今度こそ禁酒!

 

 

飲みたいな〜。

ぐでんぐでんになりたいな〜。

 

和食に辛口日本酒。

ステーキに赤ワイン。

熱々お鍋にビールもいいね。

 

はぁ〜飲みたい。

 

 

・・・どーも、いきなりすいません。

 

実は10月27日から禁酒してまして、今日で48日経過しました!

 

 

何度も禁酒チャレンジして、何度も失敗しているこのわたくし。

 

30歳を前に今回は本気!w

 

 

お酒は好きだけどなぜか罪悪感みたいなものが前々からあって、週末だけにしてても必ず飲む前に"飲むか飲まないか"を考える。

 

 

そして

 

「週末だけだからいいよね」

 

「1週間仕事頑張ったからいいよね」

 

 

毎日飲んでた時には

 

「これが唯一の楽しみだからいいよね」

 

何かと自分の中で理由を付けて飲む・・・。

 

 

今までの禁酒チャレンジで気付いた事は1、2ヵ月禁酒に成功しても1回飲んでしまうとまた習慣に戻ってしまう。

 

 

適量が出来ない。

1合までと言われるなら飲まない方がマシ。

 

 

多分、アルコール依存症になる素質はあるw笑

 

笑い事じゃないけどね。

 

 

 

体重も増えたし、禁酒することにした!(これが最大の理由w)

 

 

とりあえず最初から意気込むとストレスになると思ってまず目標は1ヶ月!

 

そして1ヶ月経過したので更に1ヶ月延長!

 

 

こんな具合で記録を伸ばして行きたい!(最終的には断酒したい)

 

でも飲みたい欲求はまだまだある!

 

あーこれが葛藤。

12月なんて誘惑多いし。

 

 

あっ、体重は開始から約3週間で・・・1キロ増です。爆

 

 

と言うことで甘い物を控える事にした!

 

その話はまた今度。

 

ではまた☆

 

 


11月のアクセス!

 

 

さて、12月だ!

ちょいと遅くなったけど、11月のアクセス数を発表!

 

9件投稿して、アクセス数は719でした!

 

そしてこの記事の1つ前で400記事!!

 

いや〜恐ろしいね。

300記事の時も書いたけど、くだらない記事がそんなにあるなんて。

 

 

カテゴリー分けをしようと思いつつ、分けようがなくて困ってる。笑

 

 

リュウソウジャー&スタプリ記事も完全に心が折れちゃって困ってる。笑

 

 

 

とりあえず、現在の人気記事は、、、

 

1位  リュウソウジャー 第31話

2位  インフル予防接種!

3位  スタプリ 第35話

 

 

となってます!

 

 

2019年もあと3週間で終わり。

少しでもアクセス数を伸ばしたいと言う欲はある。

 

ならばリュウソウジャー&スタプリ記事を更新せねば!

 

 

それでは11月もありがとうございました!

 

 


ジョギングあるある。

 

 

食い込みを直したい・・・。

 

パンツの食い込みを直したい・・・。

 

ジョギングで止まる度に思う。

 

 

いつもは食い込んだまま走るけど、今日は周りを見渡してから直した。

 

そして走り出す。

 

でもどこで見られてるかわからない。

なんだか恥ずかしい。

 

こんなことなら直さなければ良かった、とさえ思った。

 

そしてまた食い込むんだから。

 

 

堤防沿い。

ジョギング、ウォーキング、犬の散歩。

 

折り返すとあれだけいた人が人っ子一人いない。

 

私の後ろに誰も居なかったと言うことだ。

 

 

これならオナラできたじゃん・・・。

 

 

走ってるとさ、腸が動いてさ、家出る前に出しきったと思ってもボコボコとガスを感じるの。

 

 

風向きヨシ!人ヨシ!

 

 

でもやはり、何処からともなく人が現れる時があるから、とにかく肛門を締めるんだ・・・。

 

 

朝焼けの澄んだ空気の中、私の頭の中はそんな事ばかり・・・。

 

 

ではまた。

 

 


占いなんて、なんのその!

 

 

久しぶりに夢を見た。

渦を巻いたパンを食べていたら、

 

「なんかコリコリする。美味しい。」

 

「異物じゃない?」

 

「そういうもんじゃないの?」

 

・・・ゴリッ。

 

「なんかある・・・」

 

引っこ抜いたら、、、人差し指!!

 

オエェー!!めっちゃ吐いた。夢の中で。

 

 

目覚ましの10分前。

そう、最悪の目覚め・・・。

 

 

あまりに鮮明で、気持ち悪くて、気になったから夢占いで調べたら、運気は下降の兆し。

 

そりゃそうだ。運気上昇で見る夢ではない・・・。

 

 

 

土曜日の休日出勤も定時で終わり、洗車しようかと思ったけど、疲れてるし寒いし「手死ぬやん」と思って本屋さんへ寄り道・・・。

 

 

そしたらなんと!

 

 

好きな人を見掛けた♪

 

めっちゃ良い事あったやん!!

 

 

でもすれ違った後から気になってしょうがない・・・。

 

「相手も気付いたかな?」

 

「何読んでるんだろう?」

 

「家近くなのかな?」

 

本探すフリしながらベージュのコートの人を探す・・・不審者に思われてもいいってくらいその人の事で頭がいっぱい。

 

 

ドキドキして、ソワソワして。

 

なんだろう?この感じ。

 

 

でも声を掛ける勇気はない。

 

仕事終わりでダサいジャージ姿。

メガネのレンズも汚れてる・・・。

 

 

 

いつ好きな人と会っても良いように、最低限の身だしなみを整えておく事は大切だ。

 

そしてきっと私はその本屋さんの常連になる。

 

 

ではまた。

 

 


インフル予防接種!

 

 

どーも!

木曜日にインフルエンザの予防接種をしました!

 

人生初です!

 

 

ちなみにインフルエンザも今までかかった事ないけど、毎年「かかったらどうしよう」って不安なので。

あと会社から「予防接種もしないでインフルになったらどうなるかわかってんだろうな!?」的な圧が前シーズンあったので。

 

決してヤクザの組織ではありません。笑

 

 

 

それで会社の診療所で打てるし補助が利くので今年は打っておこうと思って誰よりも早く申し込んだのに・・・案内が来ない。

 

他の人はとっくに来ているのに、私だけ来ない。

 

 

それで診療所に電話したら・・・リストに名前がないって!!

 

それは幾ら待っても来ない訳だ。

 

 

でも・・・「今から来ていいですよ」って。

 

私 「いや、今日はちょっと行けなくて」

 

診療所 「帰りに寄ってくれたら打てますよ」

 

私 「いや今日はちょっと都合が…」

(だってインナーのシャツ穴空いてるし!腕の毛剃ってないし。もちろん脇もw)

 

 

そりゃさ、脇に打つ訳じゃないよ。

でも想像して。

二の腕に打つって事は長袖の作業服を脱ぐ可能性あるじゃん。

 

・・・見えるじゃん!笑

 

 

と言う事で打つ時は半袖Tシャツを着て行こうと思ってたの。毛も剃ってねw

 

それなのに急に「今からどうぞ」って言われても内心「無理!無理!無理!」w

 

 

で木曜日に設定してもらった。

 

 

二の腕に打つって話も母から聞いてたんだけど、同時に「すんごく痛いよ。もう打ちたくない…」って事も言ってたから採血好きな私でも今回はかなりビビってた。

 

 

いざ診療所に行くと、違う部署の顔見知り程度の人達がたくさん居てなんだか「痛かった」とか「痛くなかった」とかわいわい楽しそう・・・。

 

 

番号呼ばれると目の前の扉開けっ放しの部屋に入ってせいぜい1分ぐらいで終わって出てくるからめちゃめちゃスピーディー!

 

 

心の準備も出来ないくらいだったけど何人か前の人が、出てきた瞬間に「今日の先生当たり♪」って両手上げて喜んでたからちょっと安心したw

 

 

部屋に入ると開けっ放しだった扉は女性だったからか閉めてくれて、先生は優しい印象で注射も痛くなかった!

 

とりあえず母みたいにトラウマにならずに済んで良かった。

まぁ診療所のお医者さんは変わるからハズレ年もあると思うけど・・・。

 

 

ところで今日で丸3日経ったけど、かゆい!

触れると少し痛い!

赤みもアザみたいになってる!

 

 

初の予防接種なので心配だったけど調べてみるとよくある副反応らしいので一安心。

 

 

 

予防接種をして最強になった気分!!笑

 

とは言ってもかかる事はあるらしい。

けど、症状が軽減されるって事なら打っておくべきだと思う。

 

苦しみたくないもんね!

 

ただの風邪でも辛いのに・・・。

 

 

ではまた☆

 

 


幻想的な中でカメ掃除!?

 

 

どーも!

最近全然更新してなくて、したとしてもリュウソウジャーとスタプリ記事。

 

 

2ヶ月前はどーでもいい事でも記事にしてたのに・・・書こうって気はあるんだけど、書けない・・・スランプだ!!

 

とか朝から思ってたw

 

 

という訳で記事探し・・・夕方久しぶりにカメの掃除をすることに!

 

エサ食べなくなってから放置もいいとこ・・・いつぶりだろうか?

 

まずは安否確認から。

大丈夫、生きてる!笑

 

 

という事で水替えと陸場の掃除と甲羅磨きと水槽磨き・・・そう全て!

 

何が問題って・・・日が暮れる!!

 

案の定5時過ぎにはベランダ真っ暗。

 

リビングの光を頼りに寒い中甲羅を磨いてたら急に明るくなって・・・顔を上げたら母が懐中電灯を置いてくれていた!

 

めっちゃ助かった〜!

しかも幻想的でいい感じ!

 

とか言ってないで寒いから急ピッチで終わらせる。

 

 

 

で終了を母に告げると「年内はこれで終わり?」

 

私 「・・・いや・・・あ、そうなるかも・・・」

 

 

最低だ。

まだ今年も1ヶ月以上あるのに掃除する気がない。

いや、掃除する気はあるんだけど、きっとしない。

 

母はよくわかっている・・・。

 

こんなんじゃダメだね。年内あと1回は掃除する事をここに宣言します!笑

 

 

 

20191123_2909625.jpg

 

 

幻想的でいい感じと思って撮ってみたけどそうでもなかった。汗

一応・・・写真はてんちゃんです。

 

ではまた☆

 

 


スタプリ 第36話 マフィアと怪盗と警察と。

 

スター☆トゥインクルプリキュア

 

第36話 「ブルーキャット再び!虹色のココロ☆」

 

ーざっとあらすじー

 

ララのAIが宇宙マフィアのドン・オクトーが惑星レインボーの指輪を手に入れたと情報を得た。

ユニは怪盗ブルーキャットになり、惑星レインボーの宝を取り戻すと言う。

 

盗む事に反対のひかるたちと反発しながらもドン・オクトーのアジトに潜入する。

アジトではマフィアが集まるパーティが行われる。

紛れ込むには絶好のチャンスだとドン・オクトーに近付き指輪を取り返す。

うまく逃げきれたと思ったユニだったが、潜入捜査していた宇宙警察のアン警部補に匂いでバレてしまう。

 

しかし宇宙警察はマフィアと長年の敵対関係でアン警部補はマフィアに捕まってしまう。

その隙に逃げる事も出来たユニだったがアン警部補を助ける事にした。

 

しかし2人ともマフィアに捕まり身柄を拘束されてしまう。

そこにひかるたちが助けにきてくれ全員で脱出するが途中でドン・オクトーたちが行く手を阻む。

さらにテンジョウが現れドン・オクトーをノットリガーに変えてしまう。

プリキュアが戦う中、アン警部補も一度ブルーキャットに助けられたとして援護しノットレイダーを退散させることができた。

 

意識を取り戻したドン・オクトーにユニは本来の姿で直接「大切な指輪を返してほしい」とお願いする。

疑うドン・オクトーだったが感情で色が変わるその指輪をユニに着けさせると悲しみを表すブルーに光り、ドン・オクトーは「持って行け」とひと言言ってくれた。

 

帰ろうとするユニを連行しようとするアン警部補は逆に手錠を掛けられその隙にユニたちはロケットで逃げる。

すぐに後を追うアン警部補だったがロケットを追い抜きどこかに消えた・・・w

 

ユニは惑星レインボーの宝を取り返すまで怪盗は止めないと言うが、みんなを悲しませるような事はしないと約束するのだった。

 

 

 

ではまた☆

JUGEMテーマ:プリキュアFAN!

 

 


スタプリ 第35話

 

スター☆トゥインクルプリキュア

 

第35話 「ひかるが生徒会長!?キラやば選挙バトル☆」

 

ーざっとあらすじー

 

観星中の次期生徒会長を決めようとするも誰も立候補せず、困った現生徒会長のまどかはひかるに「生徒会長をやらないか?」と声を掛ける。

 

迷うひかるだったが皆に「向いてる」と言われ生徒会長に立候補する。

しかし推薦されるのを期待していた同じクラスの姫ノ城桜子も自ら立候補した為、選挙で次期生徒会長を決める事になった。

 

なりゆきで立候補したひかるだったがやるからにはがんばると意気込む。

だが具体的な案が出ず、現生徒会長のまどかの真似をして支持を得ようとしていた。

 

一方姫ノ城桜子は学校の問題点などを探しメモをとる作業をしていた。

すると陰から「目立ちたいだけ」と悪口が聞こえ落ち込む・・・。

 

ひかるとララは姫ノ城桜子が居残りしていると聞き学校へ向かうと落ちていた姫ノ城桜子のメモ帳を拾う。

 

探しているとカッパードが現れた!

その手には”黒い桜”の武器が・・・姫ノ城桜子の心につけ込み強い武器を生み出していた!

 

身動きが取れなくなったプリキュアだが、キュアスターの姫ノ城桜子ともっとわかり合いたいと言う思いから強いパワーが生まれカッパードの攻撃を打ち破る!

今までに感じた事のない強いパワーに誰もが驚愕する。

 

そして選挙の日、最後の演説でひかるは「全力で姫ノ城桜子を応援する」と言い全員を驚かせ次期生徒会長は姫ノ城桜子に決まるのだった。

 

 

ではまた☆

JUGEMテーマ:プリキュアFAN!

 

 


リュウソウジャー 第31話

 

騎士竜戦隊リュウソウジャー

 

第31話 「空からのメロディ」

 

ーざっとあらすじー

 

ナダに背中を切られたコウ・・・。

カガヤキソウルを使ってもガイソウケンで切られている為効果がないとセトーは言う。

 

ナダから鎧の事を聞いていたトワは精神を支配し取り込まれてしまうと皆に話す。

するとコウはナダの意思でした事じゃないと信じることをやめない・・・。

 

そこにういが「空に何か浮いてる」と楽しそうに帰ってきた。

街に出てみると空に大きな何かが浮いていて、人々は楽しそうに踊っている・・・マイナソーの仕業なのかコウカナロとオト以外のリュウソウジャーも踊り出してしまう。

 

音楽を聞くとダメみたいだが、海のリュウソウ族であるカナロとオトは鼓膜が三重になっている為平気だった。

そしてなぜかコウも平気だった・・・。

レッドゴールドは攻撃してみるが空に浮いている為不利だと判断し一旦引く事にした。

 

空に浮くフェアリーマイナソーには空の騎士竜が必要だとピーたんの封印を解こうとするが、ピーたん自身も解き方を知らないと言う。

これまでの騎士竜は命の危機を感じた時に封印が解けたとして、ディメボルケーノの炎やパキガルーのパンチを浴びせるが封印は解けない。

 

するとそこにガイソーグが現れた。

戦っているとフェアリーマイナソーの音楽が大きくなり、カナロコウに「大丈夫か?」と聞くと「ナダに切られたキズの痛みで意識を保っている。ナダのおかげだ」と言う。

 

一方ピーたんを抱きビルの屋上に来たオト。そこにワイズルーとクレオンが現れ攻撃されて落下する。

するとピーたんの封印が解けプテラードンとなりオトは助かった。

そのまま空を飛びコウの元へ新たなリュウソウルを届ける。

強竜装のヒエヒエソウルを身にまとったレッドはガイソーグにも引けを取らない。

 

プテラードンがフェアリーマイナソーを攻撃すると眠らせていた他のリュウソウジャーも正常に戻りレッドの元に掛けつける。

レッドは1人でプテラードンが竜装変形したヨクリュウオーでフェアリーマイナソーを倒す!

 

ガイソーグを食い止めていたトワ達は戦いの中でナダに戻った一瞬を見逃さなかった・・・。

 

 

ー感想ー

 

ピーたんの封印が解けた!

ヒエヒエソウルもかっこいい!!

 

 

ではまた☆

JUGEMテーマ:特撮

 

 



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

profile

links

PR

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM